« 有度山トレイル三昧 | トップページ | 全日本大会 »

2015年2月 7日 (土)

有度山ロゲイニングの分析

マッパのキミさんから、プランとしては良かったと思うので、検証してほしいとの話がありましたので、かなりマニアックに分析してみました。こういう分析はやりだすと面白いですね。なかなか興味深い分析結果がでました。ちなみに分析はロゲイニング講習用に作成した自作のツールで行っており、地図を背景にCP位置を設定し、CPの標高と出戻り要素を設定、さらに直線距離と比高を1.3倍し、得点との相関から効率度を算出するというような仕組みになっております。

各カテゴリの上位チームとマッパの効率度は以下の通りでした。推定距離は札幌農学校も大福もGPS計測距離とほぼ変わらないので割と解析精度は高いと思います。

Hyou1

マッパ、大福、ちょこっち、ハムちゃんは効率度はほぼ同じという結果がでました。札幌農学校とトータスはそれに比べるとやや低めになっています。その差はどこなのかルート図で比較してみます。

Route1

札幌農学校とマッパは北西エリア、大福は100点の山塊に行ったという違いがありますが、ここでは差がでなかったようです。なんとなく差がありそうなのは農学校の22-56と24の鋭角でしょうか。

続いて女子と家族の3チームです。ちょこっちは北半分のみで1000点取っていて、これは確かに効率的と言えそうです。ハムちゃんとトータスは54まではかなり似たラインですが、山の縁を行ったハムちゃんと中央部に展開したトータスで北上のラインに差が出ています。結果的に24と56,22あたりが効率性を下げる要因になったと言えそうです。

Route2

続いて、真のベストプランはあったのかについて考察してみました。最高点だったマッパのプランを少しいじってみます。

Aplan

いじったらマッパ+ハムちゃんといったルートになりました。1440点で効率度3.57とマッパ案を少し上回る結果となりました。時間が足りるか際どいところですね。

そして、ここまででお気付きかと思いますが、南東部の日本平を攻略するプランが全くでてきていません。上位チームが見向きもしなかった日本平ですが、3つほどプランを立ててみました。

Route3

それぞれ代わりに北西部をカット、南部平地をカット、北東部をカットの3パターンです。距離+比高/100が52少々(マッパの移動ポテンシャル程度)でプランを立てています。その得点と効率度は以下の通りでした。

Hyou2

なんとびっくり、ほとんどどれも一緒です。

つまり、今回はどこかのエリアをカットと決めて、残りでうまくルートプランすれば同じ結果だったということです。村越さんが地図を紙に打ち出して何度も得点調整したと話しておりましたが、かなり練られた配点バランスだったということですね。楽しませていただいました。

|

« 有度山トレイル三昧 | トップページ | 全日本大会 »

コメント

検証ありがとうございました

作戦からルート調整など酷くなかった事が分かりました

マッパは実際34で残り17分 35で残り10分
そこからルートミスしてオーバーランし5分も遅刻しています 
-250点 惨敗でした

スタート前の作戦会議では東と西の山どちらに行くかで
西の山のほうが標高も低く周辺を含めて得点も互角と読み
ならば西をと選択してスタートしました
西回り東回りほぼ互角だったとは

東の山に登るプランは残り1時間半まで探っていたのですが足が無くなり攻めれませんでした

足の早い男子チームが参加していれば両方行けると思います

検証ありがとうございました 

投稿: キミ | 2015年2月10日 (火) 07時04分

プランニングはお互いいい線いっていましたね。
次回は走力でも接戦に持ち込みたいと思います。
またよろしくお願いします。

投稿: yagi | 2015年2月12日 (木) 21時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160383/61099495

この記事へのトラックバック一覧です: 有度山ロゲイニングの分析:

« 有度山トレイル三昧 | トップページ | 全日本大会 »