« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月31日 (水)

12月と今年のランニング

すっかり更新が滞っていましたが、OMMで今年のレースは終了しました。レースのない12月は例年だと距離を踏むことを重視するのですが、来年はレースのスケジュールの変わるのでやや試行錯誤しながらの1か月でした。結局、目標ラインにしていた600㎞は走りましたが、脚の状態を見ながらで、やや帳尻合わせになってしまいました。

年間としては6150㎞で、過去最長距離となりました。ただ、たくさん走った気はしていません。通勤ランと週末のロングが主体で、トレーニングが主目的でのランニングが少なかったからかもしれません。今年のやり方であればそれほど苦にならず距離をこなせるし、レースでもちゃんと結果も出せているので、大きく環境が変わらない限り、継続できればと考えています。

141207
12月7日 秩父の周回コース。登りは実際は2600mぐらいだと思います。

141213

12月13日 もっと遠くまで走ろうとしたものの、脚が疲れて終了。

141220
12月20日 日高ロゲイニング2時間でテスト走行。4時間半でパーフェクト狙えるか?

141223
12月23日 奥多摩~雲取山往復 疲れ気味...

141230
12月30日 ロードでの峠越え。ランシューがややきつい。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年12月 2日 (火)

OMMJapan

OMMJapanストレートで優勝することができました。レースのルート解説等は、おそらく別の機会で載せることになると思いますので、ここではOMMに強いチームについて、私なりの考察を書きたいと思います。

私が参加したストレートに関しては、オリエンテーリング経験者が表彰台を占め、TJAR参加者を含むチームがそれに続いていました。またストレート、スコアとも混合チームではアドベンチャー勢の活躍が目立ちました。これは混合チームで行うという競技の特性によるものでしょう。総じて基本的な体力や走力的を持ちつつ、読図力や複数日行動する力をもつ選手が上位を占めたと言えそうです。また、タイムの振れ幅は読図の出来が最も影響しますが、きっちり完走を果たすという観点では、山の総合力が必要という触れ込みはその通りだったと感じます。

細部の考察として、ナビゲーターが1人か2人というのは、2人のほうが有利そうですが、大きな差にはならなかったようです。これは現在地を把握する手掛かりがなければ、迷ったら何人いても同じということかなと推測しています。また、OMMの特徴として1泊するための荷物を背負うわけですが、走力の差がある場合は荷物もの分担でコントロールすることができます。2:3の走力は空身のレースだったらそのままですが、荷物を3:2にすることにより1:1に近づけることも可能です。今回私と市岡さんの走力はほぼ同じぐらいで、荷物もおおよそ半分に振り分けましたが、当初の通り走力のある相馬さんとのペアだったら私自身も少し速いペースになっていたかもしれません。

OMM自体が国内初で、これを専門にする選手(OMMer??)はいない状態で迎えたレースでした。初期のハセツネはこんな雰囲気だったのかなとか想像しています。私の知っているところでは日本最初のロゲイニングやTTR100もそうだった気がします。初モノなので、そのレースに近い経験を多く積んできた選手が勝つわけですが、私や市岡さんがたまたまそうだったのかもしれません。

今後、地形図ナビを極めた選手が出てくるかとか、走力のあるトレイルランナーが参加したらどうなるかとか(今回も望月・山本ペアがエントリーしていましたが、DNSでした)、私も興味があります。この新しいOMMという競技形式がさらに盛り上がったら面白いなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »