« 浦山からの周回コース | トップページ | 浅間山・軽井沢 »

2014年5月19日 (月)

外秩父43トレイルラン

年末、有志でロングトレイルを実践中に飯盛峠から越生へ下るトレイルを走っていたら、このレースの案内看板が目についた。それでレースがあることを知り、大霧山周辺も好きなエリアだし魅力的なコースだったのでエントリーしてみた。

簡単にコース研究をして、過去のタイムをつなぎ合わせると5時間10分ぐらいじゃないかと想定した。それで去年の優勝タイムぐらい。序盤の稜線に出るまでが未知のコースだが、距離・比高から釜山神社まで1時間10分、その流れで大霧山2時間5分であれば、このぐらいになると考えた。

会場まで八高線に乗り、そのまま寄居駅前がスタートというのが、ローカルな雰囲気で何ともよい。

序盤のロードは無理せずともまずまずのポジションで、釜山神社まで1時間そこそこで到着する。ここまでは単に見積もり違いだったかなと思ったが、次の大霧山ではさらに早まり1時間51分。この時点で5時間切ることは確定的になった。気候も良いし、越生で終わりで普段より短いし、こまめにエイドがあるし、自然と前倒しタイムで推移していくしで、気分は上々。トレランレースの辛い面は全く感じず、あっという間に走りきる。4時間41分は想定と差がありすぎて逆に何だか複雑な気分。1時間半経過してからは一人旅で、5位キープかと思いきや、前2名にコースアウトがあり3位入賞となった。これはおまけ。

寄居
小林みかん山 0:32
釜山神社  1:01
粥仁田峠  1:39
大霧山  1:51
定峰峠  2:15
白石峠  2:33
高篠峠  2:41
大野峠  2:54
刈場坂峠  3:13
飯盛峠  3:39
野末張展望台  3:46
大満  4:11
ゆうぱーく  4:41

今回衝撃だったのは、大野峠でトップは26分前の10時28分に通過したと言われたこと。そういえばスタート直後、一人飛び出した選手がいた。信号待ちもあり平地が終わる5km地点ではまだ背中が見えていたので、そこから2時間強で25分ほど差をつけられたことになる。終盤は多少コースロスをあったようで、さらに+4分の30分差で落ち着いたが、いやはやまたすごい選手が現れた。

|

« 浦山からの周回コース | トップページ | 浅間山・軽井沢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160383/59671767

この記事へのトラックバック一覧です: 外秩父43トレイルラン:

« 浦山からの周回コース | トップページ | 浅間山・軽井沢 »