« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月30日 (水)

UTMF2014

なかなか思い通りにはいかないレースだな、、というのが率直な感想です。

3回目の今年は、過去2回よりも早いペースでレースを進めつつ、大きなペースダウンをしないことを目標にしました。何の準備もせずにそれは実現できないので、まずは過去一番トレーニングを積んでみました。

2014 2012 区間差
A1 1:51 1:53 -0:02
A2 3:50 3:53 -0:01
A3 4:37 4:45 -0:05
A4 6:42 6:59 -0:09
A5 8:17 8:22 +0:12
A6 9:00 9:04 +0:01
A7 10:11 10:24 -0:09
A8 13:22 13:46 -0:11
A9 18:17
A10 21:39
A11 26:51 23:37
F 28:52 26:28 -0:49

2012と共通区間はS-A8とA11-Fで、S-A1は約1㎞延長、A4-A5は約1.5km延長、A7-A8は約1km減少、A11-Fは約1㎞減少です。序盤は概ね順調でした。A5までの登りが脚休め区間で、この区間が自分自身一番落ち着いて進んでいました。W1への林道は何とか走れたもののエイド手前で脚の疲労を感じ、送電線区間から明確なペースダウンが始まりました。
回復に期待しつつ天子山塊はこなせたものの、A9麓から先は呼吸が乱れると胃が苦しく吐き気がひどくなるため、ほとんど歩きになってしまいました。

ポジティブにレースが進んでいたのは12時間ぐらいまでで、残り17時間はとにかく耐えるレースでした。A10本栖から先のトレイルはなんで棄権しなかったんだろうと後悔ばかりしていました。もちろんトレーニングの成果は全くなかったわけではなく、95㎞まではいいペースで走れたし、最終区間も少し回復を見せることができました。

レースを終えて数日が経ち、今はまだ晴れやかな気持ちではないけど、また時間が経てば変わって来るかもしれません。いつか160㎞を気持ちよく走り終える日がくればいいなと思います。

大会スタッフの皆さん、応援いただいた皆さん、道中ともに進んだ皆さん、今年もありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月15日 (火)

ハセツネ30K

5年ぶりの参加となった。ハセツネ本戦の権利取りのため、というのが久々エントリー動機だったけど、UTMFへ向けこの冬のトレーニングの成果を確かめるにもいいタイミングだった。
冬はたくさん走ったが、特別脚が速くなった訳でもないので、今までのスピードを維持しつつ、ダメージの小さい走りができればいいんじゃないかなあって、目標は過去の結果からタイムは3時間ちょっとで20位以内ということにした。

スタート前に脚が軽い気がしたので、とりあえず積極的にポジションを取る。林道に入るまですぐ前に武藤さんや鈴木さんがいて、15位ぐらいにつける。ただ、林道の登りに入るとどんどん抜かれていき、30位近くまで後退する。大石さん、やまたかくんが元気そう。そういえば先日の松本ロゲも序盤の山でコイちゃんについていくのがきつかったので、こういうもんだろうとあまり気にしない。入山峠を過ぎ林道の下りに入るといろいろ落ち着く。下り中盤から6-7kmは前後の選手が見えない一人旅でレースじゃない気分。登りが急になると徐々にやまたかくんの背中が大きくなってきて、相対的にいいペースなのはわかった。ただ、どうやら30秒~1分後には大勢の選手がいるようだったので気が抜けない。トレイルに入ると残距離からしてゴールまで脚がもつことはわかったので、気分的にさらに楽になる。徐々に順位もあがり、一時15位に浮上する。ただ、入山峠を過ぎ少しエネルギー切れを感じたので、80%ぐらいの出力に調整して変電所まで行く。先ほどパスした鈴木さんやもう一人の選手に追いつかれるのは想定内だったが、ここでなべさんやマルちゃんの追い上げは「!!」だった。変電所で振り返ると小野くんの姿も背後に、、、最後の補給をして再び出力をあげるが、順位は変わらず、3時間3分3秒、19位でのフィニッシュとなった。

消費はHIGH5ジェル4つ、アミノバイタル2つだったが、もう一つ持つか、スタート直前にも補給しておけばよかったかな。全般的にレースにありがちな苦しいところがなかったのがよかった。UTMFに向けてよい感触がつかめた。春らしい陽気で、これからいろいろ楽しいことがあると予感させるような、とてもよい一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »