« 12-2月のトレーニングと、ある1週間の記録抜粋 | トップページ | 松本ロゲイニング »

2014年3月30日 (日)

3月のトレイル練習

3月も終わり間近ですが、、今月のトレイル練習のうち長め2本について記しておきます。

140301

その1 3月1日 筑波山周辺

まだこの時期は関東西部の山は走れる状況でなかったので、雪が少なそうでまだ行ったことのなかった筑波山を選んだ。ロングにするため北へ縦走し、岩瀬からもうひと山越えて益子までというコース設定にした。2月までのトレーニング疲れか、雨天のせいか、残雪のせいか、トレイルシューズでロードを15㎞走ったせいか、筑波山の下りから絶不調となり、ガスで何も見えない稜線を進みながら、モチベーションは下がる一方...。岩瀬で打ち切りでもいいかなあと思いつつ、結局キロ6分半ぐらいのペースでロードを走り益子まで辿り着いて終了だった。

研究学園駅‐筑波山‐加波山‐岩瀬‐益子駅

天気が良ければいいコースだと思うので、いずれリベンジしたい。

140322

その2 3月22日 高尾からの帰宅

雪もだいぶ融けてきて800m以下はほぼ大丈夫だろうということで、80km/4000m/10Hを目安にコースを考えて、高尾から南高尾山稜に入って家まで引っ張ればこれに近づくかなと思ってやってみた。

高尾‐南高尾山稜‐城山‐堂所山‐夕焼けふれあいの里‐入山峠‐五日市‐日の出山‐青梅‐飯能‐高麗川

稜線沿いで行くなら陣馬~醍醐丸経由だが、この区間は雪の影響がまだありそうな気がしたので、北高尾山稜~入山林道コースにした。結果、雪はもうほとんどなく全般的にスムーズだった。天気も体調も良く、距離や比高からすると納得いくタイムだったが、足裏が疲れるので、さらに距離が延びた場合の課題となりそう。

同じ月でも自身や山のコンディションによってかなり結果が変わってくるよなあ、ということを改めて感じた。

|

« 12-2月のトレーニングと、ある1週間の記録抜粋 | トップページ | 松本ロゲイニング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160383/59379221

この記事へのトラックバック一覧です: 3月のトレイル練習:

« 12-2月のトレーニングと、ある1週間の記録抜粋 | トップページ | 松本ロゲイニング »