« 立山パラレルトレイル | トップページ | 蝶と涸沢 その2 »

2013年10月 7日 (月)

蝶と涸沢 その1

週末は一泊二日でゆっくりテント泊、、と考えていたのだけど、土曜日の天気が悪そうだったので躊躇してしまう。しかし、天気予報によると日曜日は晴れ間が出そうな予報になっていたので、日帰りで出かけるにした。やや行程は長くなるが、今回は三股から蝶ヶ岳を越えるルートで、5年ぶりに涸沢に訪れることにした。

夜明け前に三股に到着すると、常念岳のシルエットが見え、今日は晴天であることがわかった。これは素晴らしい景色が展開されるだろうと期待が高まり、ゆっくりのつもりが自然とペースが上がるが、時折ウエストポーチからカメラを取り出しつつ進む。

_sdi0629

朝陽に輝く蝶ヶ岳の稜線を見上げる

_sdi0630

徐々に展望が開けてくる

_sdi0631_2

稜線にあがる。常念岳方面

_sdi0632

蝶ヶ岳ヒュッテに到着

_sdi0636

槍を眺める

_sdi0640

槍~大キレット~穂高

_sdi0634

前穂、中央奥に焼岳

_sdi0641

穂高軍団!!!!中央のカールが涸沢

_sdi0638

スケッチもまた優雅だろうなあ

_sdi0639

蝶ヶ岳の稜線を行く。もう最高すぎます。

_sdi0645

1000m一気に下ると横尾に着く

_sdi0643

涸沢へと向かう横尾大橋。ここから6㎞

_sdi0646

屏風岩と南岳の斜面

_sdi0649

横尾本谷方面

_sdi0650

多くの方が行き交う石畳の道

_sdi0652

あのカーブを右に曲がると

_sdi0653

涸沢はもう目前(つづく)

|

« 立山パラレルトレイル | トップページ | 蝶と涸沢 その2 »

コメント

この先の写真を楽しみにしております

一番綺麗な紅葉シーズンにピンポイントで行けるのも速攻日帰りならですネ

やはり、日本一の紅葉は涸沢かな

それと仙人池から剣八つ峰

あと、これから間に合うのは黒部下ノ廊下の紅葉くらいですネ

この三か所の紅葉の他にも好いものがあると思いますが

涸沢カールのを楽しみにしています

投稿: 塔ノ岳 | 2013年10月 9日 (水) 05時54分

塔ノ岳さん
続きをアップしました。
涸沢は3回目ですが、今回が一番ピークに当たりました。
仙人池も前々から気になっていますが、さすがに日帰りは難しそうですね。

投稿: 山羊 | 2013年10月 9日 (水) 22時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160383/58340483

この記事へのトラックバック一覧です: 蝶と涸沢 その1:

« 立山パラレルトレイル | トップページ | 蝶と涸沢 その2 »