« 蝶と涸沢 その2 | トップページ | 久々の更新 »

2013年10月17日 (木)

ハセツネ2013

今年のハセツネは9時間52分44秒というタイムに終わりました。こんなはずでは、、が半分、もしかしたら、、が半分の結果でした。

今年は、7月の富士登山競走が初挑戦を除いたワーストタイムという結果で、この時は
野沢温泉のレースの疲れかなとか、当日の暑かったからかなとか、考えられたが、それらは大幅にタイムを落とす決定打ではなかった。

その後、奥日光のエクステラや、10時間クラスのトレイルを数回走った内容は良好で、ハセツネでタイムを大きく落とす要素は見つからなかった。

それでも、もしかしたら落とし穴があるかもしれないと、考えてみた。富士登山競走以降、高心拍のトレーニングが不足しているので、例年より負荷の高い第一関門までの区間は遅くなるだろう。無理して例年通りのペースで行って大きく失速するパターン、これが危ないと感じた。そこで自分が選んだ作戦は、第一関門までは時計を見ないで走ること。体感に任せて走る。実行できれば持久力は大丈夫だろうから、あとは落ち込まないはず。

狙い通りゆっくりとした入りで、三国山を越える時点では疲労感もなく、これからどんどん上げていくシミュレーションを持てていた。しかし、浅間峠手前で急激に疲労感と吐き気を感じ、通過時に時計を見ると2:48。しかし疲労感は昨年の2:38の時より大きく、この時点で作戦は失敗に終わった。失速の原因、これもまた今までの経験からははっきりしたものはない。

しかし、タイムは物語る。富士登山競走11年3:09/今年3:33、112.7% ハセツネ11年8:45/今年9:52、112.9%。おそらく、どんな作戦を選んでもタイムは変わらなかった。これが今年の実力なのだろう。長く走っていれば、いつか大きくタイムが変化する年があることを、覚悟し、それを認めないといけない。

とはいうものの、12回目の完走ができてよかったという思いもある。そして、あと3回が当面の目標。

今年も、レースを支えて下さった多くの皆さんに感謝です。どうもありがとうございました。

|

« 蝶と涸沢 その2 | トップページ | 久々の更新 »

コメント

完走は素晴らしいですね。
これからもがんばって下さい。

投稿: 感謝と運気@よしの | 2013年10月18日 (金) 00時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160383/58404464

この記事へのトラックバック一覧です: ハセツネ2013:

« 蝶と涸沢 その2 | トップページ | 久々の更新 »