« 氷ノ山ロゲイニングの下見 | トップページ | 蝶と涸沢 その1 »

2013年9月22日 (日)

立山パラレルトレイル

130920
今週末も10時間程度のトレイルを1本やりたいと考えてコースを色々考えていたところ、高いところは紅葉が始まっている、立山の富山県側は行ったことがない、ということで地図を眺めてこんなコースを思い付いた。一応、周回コースがだが2つのラインが平行するのでパラレルトレイルと勝手に命名。トロリーバスの始発6:46、最終17:35なので制限時間は10時間半ほど。コースタイムは29時間40分。少し厳しいかなと思いつつチャレンジしたが、やはり時間足りない感じだったので弘法ー室堂はバスでワープした。コース覚えた分若干短縮できそうなので、またチャレンジしてみたい。変化に富んだ素晴らしいコースです。

黒部ダム705-内蔵助平815-959真砂岳1003-雷鳥平1035-奥大日岳1123-1159大日小屋1205-大日平1245-称名滝1328-1415弘法1420-バス-室堂1500-1523一ノ越1526-黒部平1628-黒部ダム1654

バス区間を除くと、9時間05分/24時間45分 累計比高3800m

Img_1160

朝の黒部湖

Img_1161

どどどどど

Img_1164

黒部川

Img_1165

見上げる稜線。色づいているのが分かる。

Img_1166

ちょうど中央部がルートですが、これは無理!雪渓が切れるところまで慎重に下って、登り返し。10分ほど要す。

Img_1168

先ほどの色づきの所まで上がってきた。標高2600m、紅葉真っ盛りです。

Img_1169

穏やかなトラバース道で内蔵助山荘へ

Img_1171
真砂岳から室堂。富山平野も見える

Img_1172_2
雷鳥平

Img_1173

大日岳の稜線から剱岳

Img_1174

振り返って立山。今回はこんな風景が見たかったのだ。

Img_1176

しばらくは時間に追われ写真なし。バスの車窓から室堂と立山。

Img_1177

東一ノ越を過ぎると、立山の影に入る。ひんやりとした空気がいかにも真夏とは違う、9月の山という感じがした。





|

« 氷ノ山ロゲイニングの下見 | トップページ | 蝶と涸沢 その1 »

コメント

内蔵助平→真砂岳は誰もいないのでしょうネ

大日連峰からの剣岳は好い景観だったでしょうネ

そして称名滝から弘法へ上がる路の素晴らしさ

高原バスにも乗り、ラストも田圃平経由で黒部ダムへと羨ましいコース取りです

お天気好くて最高でした!!

投稿: 塔ノ岳 | 2013年9月24日 (火) 06時51分

本当に最高でした。いつかまた訪れたい場所の一つになりました。
秋のなったらまた丹沢行きます!

投稿: 山羊 | 2013年9月24日 (火) 23時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160383/58242172

この記事へのトラックバック一覧です: 立山パラレルトレイル:

« 氷ノ山ロゲイニングの下見 | トップページ | 蝶と涸沢 その1 »