« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月27日 (月)

飯能アルプス~丸山スーパートレイルラン

日曜日は飯能アルプス~丸山スーパートレイルランに出走してきました。結果は4時間54分49秒で3位でした。以下、タイム推移。()内は練習時のタイムとのおおよそ比較、と順位(うろ覚えですが)

高麗駅 
P277m 0:21(+3) 7
東峠 0:44(-2) 6
天覚山 0:55(0) 6
大高山 1:17(-1) 9 順位落とすがペースは悪くない
前坂 1:26(-1) 9
子の権現 2:00(-3) 6 少しペースアップ
天目指峠 2:14(0) 7 貯金ができたのでひとやすみ
伊豆が岳 2:52(0) 5 山頂手前は暑さでややオーバーヒート
正丸峠 3:04(-1) 5
旧正丸峠 3:17(+1) 5 3位集団後方で脚をためる
虚空蔵峠 3:34(+1) 5
大野峠 3:59(0) 3 牛立久保で勝負にでる
丸山 4:09(0) 3
金昌寺 4:43(-2) 3 快調に下る
武甲温泉 4:54:49(+1) 3 暑くてだれる

最初のピークまでは練習の時のルートが違っていたので余計に3分ぐらいかかってます。前2人の全く姿が見えずでしたが、集団の中で焦らず目標タイムを達成でき、うまく走れたレースでした。課題は下りが下手だなあというところ。うまくなればまだ短縮できるはず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月23日 (木)

奥武蔵のトレイル

今月から来月にかけて隔週で奥武蔵のトレイルシリーズ戦に参加しています。

5/11(土)、1戦目のもろやまトレイルランは20.5kmのショートレース。1:52:37で39歳以下クラス6位(総合7位)という結果でした。UTMFの疲れもレース当日はほぼ回復していて、キロタイムが想定より良かったのが評価できるところ。単独で走るよりもペースがあがり、やはり筋肉痛になった。なかなかトレイルで筋肉痛になるほどペースが上げる機会がなく、こういうスピードレースに出ておくことも大切だと実感した。

そして今週末は飯能アルプス~丸山スーパートレイルラン。 距離は36kmでも累計比高は2900mほどあり、手強いコース。 全線よく知ったコースだけど、普段の奥武蔵ぐるりとは逆コースになり逆だと印象も違うだろうと、朝練で下見を兼ねここ1週間で3回に分けて走ってきた。

1回目:高麗駅から前坂まで
高麗駅 
P277m 0:18
東峠  0:43
天覚山  0:54
大高山 1:17
前坂 1:27

2回目:前坂から正丸峠まで
前坂
子の権現  2:04(0:37)
天目指峠  2:18(0:51)
伊豆が岳  2:56(1:29)
正丸峠   3:09(1:42)

3回目:正丸峠から武甲の湯まで
正丸峠
旧正丸峠 3:21(0:12)
虚空蔵峠 3:37(0:28)
大野峠 4:02(0:53)
丸山 4:12(1:03)
金昌寺 4:48(1:39)
武甲温泉 4:58(1:49)

3回の合計タイムは4:58で、これがレースの目標タイムになる。というわけで、けっこう 楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月12日 (日)

鎌倉の下見

_sdi0472

今日は6月29日(土)のOSJ鎌倉ロゲイニングの下見に行ってきました。初夏の陽気といっていいぐらいの気候で、普段海のないところに住んでいるので海を見るとテンションあがりますね。

_sdi0473

_sdi0476

今回は夏も目前ですし、海が見えるエリアを多くしようと思っていますが、新たな森のエリアも加え作戦も大きく変わりそうですので、楽しみにしていてください。今日の感触では回り方によってはアップダウンが多いかもしれないです。昨日のレースで筋肉痛の体には少々きつかった...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 5日 (日)

連休後半の写真

5月2日

_sdi0433
芦ヶ久保から丸山へ軽いランニング。山頂まで42分ほど
_sdi0438

ご機嫌なトレイルを下って金昌寺へ

_sdi0440
羊山公園にも立ち寄る(小銭足りなくて中に入れませんでしたが...)

5月3日 再び富士山麓へ
_sdi0442
紅葉みたいな若葉

_sdi0444

一週間前、深夜に通過した岩倉学園からの富士山

_sdi0447
ちょっと新雪が積もったようで、冬のような景観

5月5日

_sdi0455
白石峠でタイムアタックして、堂平山へ

_sdi0461
ときがわトレッキングコースを下って、慈光寺へ

_sdi0463

シャガの花が一面に咲いています。毎日いい天気でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年5月 1日 (水)

UTMF2013

今年のUTMFは28時間30分51秒で、昨年より2時間2分遅れという結果だった。順位は 28位から69位へ大きく後退した。

130426_2

(ランナーズアップデートから)

簡単にレースをまとめれば、中間までは安定した理想的なペース。 こどもの国直前手前で胃の調子が悪くなったことがきっかけで大きくペースダウン。 水ヶ塚のエイドで2時間近く停滞し、明るくなってからスタート。 しばらくは好調だが、胃の調子は好転せず脚も徐々に重くなりややペースを落としてゴ ール、という内容だった。

エイドの総滞在時間が3時間38分に達した。 行動中の補給ができなくなってしまい、エイドで呼吸が落ち着いてからの補給の必要があった。ちなみに昨年のエイド滞在時間は1時間10分ほどで、実際の行動時間でいうと、 今年24:52、昨年25:18 となり、大減速した区間が去年2箇所、今年1箇所の差だけで走りそのものは昨年と同程度だった。 今年は最後の下りでしっかり走れ、レース後の脚のダメージも小さく、全てが昨年よりダメだったということでもなさそう。

手持ちで食したのは、 ジェル6個、アミノバイタル5袋、チョコ3粒。ジェルは大量に余らせてしまった。 エイドではバナナとオレンジを中心に摂取し、可能ならパンと汁物、山中湖のコロッケが口にあって5個食べた。 ジェルの種類にもよるかもしれないが、去年の中盤は受け付けなくなったので、 今後も長時間レースだとあまり多用できないかも。 アミノバイタルは後半でも平気だったし効果も感じられたのでもっと活用したい。

胃痛の原因については、まずレース前から若干もたれている感じがあった。体調か緊張のせいかはわからない。 それから、原因として装備の仕方のミスがあった。 脱いだり着たりが多いので、ゼッケンを胸ベルトに付けたのだが、 そのせいかベルトの締め具合の調整がしにくくなった。 また、胸ポケットの詰めこみかたも無造作で、緩くなったときは揺れが気になり、 逆にきつくなった時は固いものが当たるというのが気になってしまった。 こうした接触で、かなり早い段階で胸の周囲が痛み、呼吸も荒くなってしまい、 そこに寒さが加わったところで胃もやられてしまったというのが、最大の原因と思われ る。 実際、中盤以降はゼッケンの位置を変え、ベルトも外したら胸の痛みの悪化はなくなっ た。

半日程度だったらなんとか押し切れてしまうが、より長い時間の場合、 違和感を感じる部分は極力なくしておかないといけない。 こういう部分を疎かにしてしまうと100マイルは走れないんだなというのが、今回の感想だ。 もう少しはうまく走ることができるはず。

最後に、レースの結果を離れて感じたことを。今回、数多くの選手と道中並走したり、前後したりした。単調な深夜の林道でしりとりしながら進んだり、苦しいところで励ましあったり、トレイルランを通じて、多くの友人を得ることが出来たことを強く感じた。救護所でもお世話になった。毛布こんなに暖かいものだと感じたことはなかった。ボランティアスタッフや応援の皆さんの存在も大きかった。待っていてくれたり、心配してくれたり。そしてその合い間に視野に映る富士山の姿。 朝、昼、晩、こんなに富士山の存在を強く感じたのは初めてだった。

旅というのは、心に残る風景と、そこで出会う人たちがいて成り立つもので、またそれは今まで歩んで来た道があるから成り立つのであり、そしてまたこれから先も旅が続けられるのだろう。そう感じられたことが、とてもうれしかった。

_sdi0423

河口湖大橋

_sdi0417

ゴールへのレーン

_sdi0415

歓喜のゴール

_sdi0426

最終ランナーを待つ

_sdi0430

表彰式

_sdi0425

そして富士山









| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »