« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月28日 (月)

有度山ロゲイニング

日曜日は有度山ロゲイニングに参加しました。TEAM阿闍梨男子チームということで、こいちゃんと参戦。今年度のシリーズ最終戦にして初参加でした!

有度山ロゲイニングは2006年から参加していて、1回を除いてあとは毎回に参加でした。今までは静大が西の端で日本平と清水の街という設定でしたが、村越大先生がやってくれました。ついに安倍川を西端、賎機山を北端とするエリア設定に!有度山自体が微妙に地図外ですが、新鮮さは大歓迎です。

地図とルートはこいちゃんがブログにアップしてくれています。

Img_0577

静岡シティをナビゲーション

範囲が変われば当然作戦も変わります。今回の作戦などはまたあとで追記します。

以下、作戦などです。

Img_0600

大きな流れとして、序盤は海側からロープウェイを使って日本平に登り、北部を反時計回りに進み賎機山エリアに行き、市中心部の高得点を拾いながら戻ってくるという作戦でした。実は男子上位3チームは全く同じ考えで、終盤どこまで行けるかで点数に差がついたという結果でした。ちなみに2000点までであれば東側の山エリアを捨てて市街地だけでも可能だったようです。ただしこの策をとった場合は逆に言えば2000点が上限でそれ以上の伸びは見込めなくなるので、男子クラスで勝ちに行くならロープウェイは必須でした。地図が配られて直感的にそれを把握したのはすぐでした。

細かいルートについてはもう少し吟味が必要で、スタート前に決めたのはまず46を取りに行くことでした。市街地から戻ってくるぶんには46は後回しでもいいのですが、時間の調整方法として静大裏山の28,19あたりからゴールすることも十分考えられ、それであれば点数の高い46はたいして遠回りにもならないので最初に取ったほうが無難という考えです。それから48は8割方捨てで考えていましたが、94までついた時点で再考ということにしました。実際94まで55分ほどだったので、残り範囲の広さから予定通りカットとなりました。

市街地の回り方は全くノープランで、38のロードを走りながらようやくプランニングをはじめ、2人でディスカッションしながら61ぐらいまでのプランを決めました。そして賎機山エリアは35-52あたりで考え、街中心部は賎機山を降りてから考えました。プランが後手後手にような気もしますが、市街地は比較的等間隔にCPが散らばっているため選択肢が幅広く残り時間に合わせてオンデマンドでアレンジしていくのがいいだろうと感じたからそうしました。今回はやや特殊で先に固定してしまったほうがいいことのほうが多いでしょう。

終盤は50を取るかで点数が大きく変わるので、この50を取れるかどうかに集中しました。71-64-92でかかった時間(17分)から92-22-50もほぼ同等で、さらに50から93を経てゴールまでが4.5㎞ぐらいで、キロ5分+若干の余裕をみて25分という計算で可能性を探りました。92の時点でまさに残り42分で、非常にきわどく緊張感のある終盤となり、無事ゴールした時の充実感は大きかったです。今回の僕らのチームの一番の収穫はこの50を取れたことにあると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月26日 (土)

武甲山

最近写真が少ない気がしたので、武甲山でスノーハイクしてきました。

ウノタワの雪景色も見たい気がしたけど、ちょっと時間がかかりそうだったので今日はとりやめ。2月の3連休でどこか行こうかなぁ。。

Sdim0027 Sdim0034Img_0533 Sdim0033 Sdim0029_2 Img_0537Img_0531

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月21日 (月)

JC大会

ジュニアチャンピオン大会は4年ぶりの滝山城址での開催だった。例年通りMALクラスを走って、3位だった。結果を振り返ってみると、過去五年間は3位-1位-2位-1位-3位で、どうやら山口と交互に優勝しているらしい。また例年ルート検討会のため、ジュニアのコースも走らせてもらっているのだが、参考までにジュニアの選手とシニアの選手のここ5年間のタイム比を調べてみた。なお、シニアの選手は2本目に走るので、既に走ったコースと共通する部分もあり、若干疲れがあるにせよミス率が下がるので、1-2分早くなっていると考えていいだろう。

2009 4102尾崎 3456藤沼(3516) 118.6%
2010 3510深田 2931柳下  119.2%
2011 4559深田 4216柳下  108.7%
2012 4229角田 3422小林(3528) 123.6%
2013 4615角田 3854小泉(4033) 118.8%

ジュニアの選手はもちろん卒業していくため世代は移り変わるが、おおよそ例年120%程度のタイム比になっている。連覇を果たした深田選手、角田選手とも2年目のほうがタイムを詰めているので、成長しているのがうかがえる。

4年前優勝の尾崎選手は今ではトップクラスの選手のひとりだ。やる気さえあればシニアの選手に追いつき、追い越すことができるので、若い選手たちにはぜひ頑張ってほしいと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月14日 (月)

伊豆デビュー

昨日はいっちーさんと久々のトレイルラン。2008年以来かな?私は初の伊豆トレイルでした。3月の伊豆トレイルジャーニーとは逆走で、修善寺市街地から達磨山に登るコース取りでした。

20130113


行ければ天城山までと考えていたのですが、そうすると約65kmコースなり、もう1時間早出の必要があったようです。途中水の補給もできないので、水ももう少し持っていく必要もありました。天城山も含めてまた行ってみたいですね。伊豆トレイルデビューは天候に恵まれました。駿河湾を挟んで見える富士山や南アルプスの山々や、生えている樹木も独特で、新鮮。楽しめるトレイルでした。

Img_0521s

ちなみにトレイルジャーニーのコースと重なる旧天城峠から修善寺温泉までの38㎞の区間は5時間程度で(トレイルに乗れずロードでワープしたところがあるが)、今回はレースの15%増しを意識したので、レースペースだと4時間20分ほどと推測。レースだと達磨山からは逆に下りになるので3時間50分ほどでしょうか。前半を31㎞を3時間30分でカバーしたとすると、7時間20分。トップクラスのスピードランナーであれば6時間30分はたしかにありそう。3月は今回行っていない前半部と、今度は富士山を見ながらとなる後半部が楽しみになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 7日 (月)

100マイル練習1/5

前夜からいろいろ処置はしたものの、朝になっても踵や膝や腰の痛みが強かった。踵は靴の圧迫痛が原因と思われたので、テーピングで緩衝させると痛みが軽減した。

いざ走るとまだ筋疲労は限界ではなかったようで、そこそこペースは維持できる。刈場坂峠まで初日2:36のところ、2:44でカバー。ただし、いつ限界が来てもおかしくない感覚になりつつあった。その状態で起伏の激しいトレイルに入り、ペースは上がらないが、やはり疲労はロードの走りからくるものだったのか、それ以上の疲労の進行はとまる。

そして伊豆が岳を過ぎるといつの間にか疲労感が抜け、非常にリラックスした状態になった。どのタイミングに身体に変化が生じたかはピンポイントでは捉えきれなかったが、この魔法が最後まで効くのは間違いないと確信した。子の権現以降は過去のベストタイム2:51に対し、3:06で108.7%だった。初日の序盤110%で入って、最後も109%でまとめたので、3日間落ち込みなく走りきることができたことになる。3日間で110%-115%-120%で走ることが現実的と思っていたので、非常に好結果だった。

また、2日目より疲労感は小さく、帰宅後踵や腰も膝もあまり気にならなかった。これは2日目がロードの長い下りや終盤の長いロード、さらに最後の距離調整などでダメージを受けやすかったせいかもしれない。そう考えるとコースを知っていることも重要ということになる。

もちろん通しで走るのとはわけが違うが、何らかのヒントは得ることができた。

55.6km / UP 3100m / 7:48

3日間の合計173.5km / UP9000m / 23:02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月 6日 (日)

100マイル練習1/3-1/4

1/3
北西方面へ。ゴールはエアリアマップ「奥武蔵・秩父」の裏面で伸ばせる北限の八高線の児玉駅と決めてスタート。

自宅-日和田山-顔振峠-関八州見晴台-刈場坂峠-大野峠-白石峠-大霧山-植平峠-野上駅-不動山-陣見山-児玉駅

林道とトレイルが平行する区間も多く、白石峠まではロード中心で、その後はトレイル中心に。負荷をあげすぎず持続できそうなペースを心掛け、刈場坂峠23kmまでベスト2:21のところ、ほぼ1割増しの2:36で通過。大霧山32kmで3:56。電車の時間もあるので8時間に収まるようコースを調整。美の山、宝登山経由も考えたが、陣見山塊が手強かったので、結果的に今回のコース取りが適正だった。

63.5km / 3100m / 7:56

児玉駅15:01-高麗川駅15:59でスムーズに帰宅した。やや距離が長く、残り2日間に少し貯金を作った。疲労感はまだそれほどでもない。

20130103


1/4
南西方面から。行く機会の少ない黒山-小沢峠-大仁田山のラインを軸にコース取りを考えた。最初は奥多摩駅から本仁田山で考えていたが、これだと距離が足りないので五日市からに変更した。いずれにしても初日よりは少し短くなる。

武蔵五日市駅-日の出山-御岳山-御岳駅-惣岳山-岩茸石山-黒山-小沢峠-大仁田山-山王峠-南高麗-朝日山-天覧山-高麗峠‐自宅

足は重くなく、日の出山まで1:20で元旦と同タイム。しかしは御岳山から舗装道の下りは脚にくる。やはりある程度疲れたところでのロードの下りは注意が必要。黒山までは起伏激しくペースは上がらないが、先ほどのダメージも徐々に和らぐ。小沢峠までの下りは快適。その後はマイナーなトレイル、尾根上に地図に出ていない東電の施設があり舗装道で山王峠のやや南に降りる。ここからはロードが長いが、あさひ山展望公園と天覧山を経由しちょっとトレイル率をあげて帰宅。

54.4km / 2800m / 7:14

昨日よりわずかなペースダウンに抑えたが。疲労感は大きく、ハセツネクラスのロングのレースを走り終えた状態に近い。これで3日目どうなるか。アイシングと補給でできる限りの回復につとめる。

20130104_1

小沢峠から山王峠付近へのアプローチ

20130104_2_3

東電施設付近の拡大(フェンス沿いに荒れたトレイル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

100マイル練習

2013年もよろしくお願いします。

今日が正月休みの最終日。連休だと完全回復を図るにはサイクルが取りづらいので、むしろ3日続けて走るとどうなるか、3日から5日にトレーニングを兼ねて実践してみることにした。目安としては160km比高9000mを24時間以内。

ある程度コンセプトがあったほうがいいだろうと、

初日が、家から北西方面のどこかまで
2日目が、南西方面から家まで
3日目が、家から奥武蔵ぐるり

ということにした。移動の時間もかなり省略でき、懐にもやさしく、フットでの旅といった趣もある。(3日連続ぐるりも考えたが、さすがに味気ないので...)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 1日 (火)

TEST

Sdim0022_2

P1196519

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »