« ミドル選手権レース分解 | トップページ | 塔ノ岳TT »

2012年12月 9日 (日)

鎌倉ロゲイニング考察

土曜日は鎌倉でのロゲイニング開催でした。今回で丸3年、10回目となりましたが、これだけ続けて来れたのはご参加いただいているみなさまのおかげです。本当にありがとうございます。それにしても風が強かったです。10回目にして初めて海岸スタートを諦め、屋内スタートなりました。しかし、10回やっても雨に降られていない(途中多少降ったことはあっても)のは某リーダーと違って、私が晴れ男だからでありましょう。

次回はまた半年後ぐらいの開催予定です。開催の体制などはチーム内で検討の上、また春頃にご案内いたします。仮に某リーダーが登場するとして、6月開催だと雨は避けられないでしょう。それは冗談として、今後ともロゲイニングの楽しさを伝えていきたいと思いますので、ご愛顧お願い申し上げます。

今回の公式の結果はTEAM阿闍梨のWEBページに載りますので、ここでは私が気が付いて考察を記したいと思います。

121208_all

まず、今回の地図とCP毎の訪問者数バブルチャートです。やはり鎌倉中央部は点数の高い低いに関わらず訪問者数が多いです。これは東回りでも西回りでも最終的に街中を通って戻ってくる傾向があったからだと思います。誰も行かなかったCPはありません。93が最小で1人だけでした。遠いところでも118-68は高得点で接続もよいため、訪問者も多めですね。

次の考察です。ロゲイニングはスタート前の作戦が大事といいますが、では作戦の結果、最初にスタートした方向で結果にどんな差異がでるのか、、ということを今回は考察してみます。(これを検証するのは少なくとも国内のロゲイニング史上初めてだと思います)

St1

これがスタートして最初に行ったCPの訪問者数です。ちなみに14は私が引率の講習参加の皆さんのみです。10がかなり多く、23-25の順です。高得点58まっしぐらの方もおひとり様いたようです。

St2_3

そして2つ目。すごくわかりやすい結果ですね。10に行った人は次22に向かい、25,23に分かれた人も本命は58で、ここで合流です。22に行くと次は33。58の次は分散傾向が出ていました。

そこで、10-22と進んだ東組と、58に進んだ西組との結果の違いを比べてみました。ルート検討会でも話題になりましたが、得点を移動距離と比高に係数を掛けて割って、効率指数というのを算出し、効率性の目安も出しています。

東組 平均得点 796 想定平均距離 21.05km 想定平均比高 409m 効率指数 4.07

西組 平均得点 746 想定平均距離 18.86km 想定平均比高 316m 効率指数 4.41

結果、東組のほうが平均得点は高いですが、西組のほうが効率的ということになりました。1位、2位で東回りのため東優勢な感じがあったのですが、走力がないと点数が伸ばせないという傾向があったようです。

よって、スタート前の作戦としては、走力があればルートの固定しやすい東、そうでなければ西、というのが一つの解だったようです。なお、東回りの場合、序盤75に行くという作戦もあるのですが、講習組を除くとおひとりだけでした。その結果は以下の通りです。これも西回りと引けをとらないですね。

10-75 得点 779 平均距離 18.61km 平均比高 388m 効率指数 4.5

おまけで、誰も北上プランは取っていないのですが、こうなると策を練ってみたくなります。それがこれです。14-23...と行きます。

Ama

1位だった篠原さんが1235点 推定27.28km/562m 効率指数 4.88ですので、さらに2㎞走る走力があったら、これぐらい行ける可能性はあります。ただ、後半の時間調整を考えたらリスクのほうが大きいですね。

しかし意表をつくルートであっと言わせるのもまた面白いかもしれません。ということで、ロゲイニングは解がほんとたくさんあるし、いろいろな要素が得点に影響してくるので、面白いなと改めて感じました。

|

« ミドル選手権レース分解 | トップページ | 塔ノ岳TT »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉ロゲイニング考察:

« ミドル選手権レース分解 | トップページ | 塔ノ岳TT »