« 鳳凰三山周回 | トップページ | ヒガンバナ#0 »

2012年9月10日 (月)

朝霧高原トレイルランニングレース

昨年は台風の豪雨の影響で短縮コースだったので、初めてロングコースを走ることができた。せっかく途中の通過タイムが出ているのでちょっと解析してみる。区間ごとの登りも測ってみた。全体で1140mほど。

区間距離 累計 区間タイム キロタイム
CP1 4.1km/40m  4.1km 16:40 4:04
CP2 5.2km/140m 9.3km 26:56 5:10
CP3 4.6km/150m 13.9km 25:03 5:27
CP4 3.1km/40m 17.0km 16:16 5:15
CP5 2.9km/570m 19.9km 34:07 11:45
CP2 2.8km/20m 22.7km 17:18 6:11
CP1 5.2km/30m 27.9km 26:57 5:10
CP6 1.1km/10m 29.0km 6:34 5:58
CP7 3.2km/10m 32.2km 15:50 4:56
F   2.5km/130m 34.7km 20:28 8:11
(3時間26分9秒 ロング総合3位 年代2位)

なかなかうまく走れたと思う。こう見てみるとスタート直後がロード主体なのでキロ4分で、竜ヶ岳と最後の涸れ沢が特殊な他はほとんどキロ5分台。竜ヶ岳も平地800mの除くと30分少々で570m登っているので悪いペースではない。

ただ、後半は体感的にもタイム的にもバテている。CP1-2間は同ルートの往復でタイムもほぼ同タイムだが復路のほうが100mほど下っているので、3分ほどペースダウンしている。またCP6-7も走りやすい区間だが、かろうじてキロ4分台で序盤と比べると2割ぐらいペースが落ちていたようだ。暑さと走れる部分が多いせいかロードレースに近い疲労感が脚に来たのだと思う。ちなみにショートのコースの選手と別れたCP1以降は竜ヶ岳の登りで一つ順位を上げた以外、順位の変動なしだった。ここまで変動のないレースも今までなかったかもしれない。

次のレースはハセツネ。チームメイトの山口は今回子守で出走していないが、きみこさんが速かった(3時間41分。男子でも7位相当)。武甲山の時より差を詰められたなあ。

|

« 鳳凰三山周回 | トップページ | ヒガンバナ#0 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160383/55621483

この記事へのトラックバック一覧です: 朝霧高原トレイルランニングレース:

« 鳳凰三山周回 | トップページ | ヒガンバナ#0 »