« TJAR序盤 | トップページ | おんたけスカイレース »

2012年8月19日 (日)

白馬三山・池巡り

ここ2週の遠出から、関越道や上信越道はあまり渋滞しないということがわかった。北アルプスだったら安曇野に行くより、白馬のアプローチが良いということに気付き、日帰りでいいコースが組めないかということで考えてみた。気になりつつ行ったことのない風吹大池を含めたいと思い、北小谷におり電車で白馬に戻るというアイディアが思い付きコースが決まった。登りは八方尾根を使うと、八方池を含め池巡りコースとなる。

八方第三駐車場 5:25 
黒菱平  6:30
八方池山荘 6:55
八方池  7:14-7:16
唐松岳頂上山荘 8:01-8:07
唐松岳  8:15-8:19
不帰キレット 9:07
天狗山荘 9:52-9:57
白馬岳  11:13-11:19
白馬大池 12:17-12:25
天狗原分岐 12:58
風吹山荘 13:46-13:54
林道終点 14:29
北小谷駅 15:26

10時間1分 / CT28時間30分
57km 3850m

大気の状態が不安定な予報なので早めのスタートを心掛ける。まずはロードの登りのトレーニングで黒菱林道を走る。

Img_0163

正面の白馬三山と、秋のようなうろこ雲

八方尾根はやや単調な登り。意外と標高高いエリアまで岳樺の樹林帯がある。

Img_0168

八方池。7時過ぎだが既に雲が発生

Img_0170

唐松岳頂上山荘前から。富山側は視界が開ける

唐松岳への登りで後から早いランナーが追い抜いていく。山頂で会うとトレイルランナーの近藤くんだった。そりゃ早い訳だ。しばし話をしたあと彼は鹿島槍往復とのことで、南北に分かれて進む。

Img_0172

不帰ノ険を慎重に通過し、天狗尾根に登りつくと高低差の少ない快適な稜線。天狗山荘の水場も最高。走れる箇所の比率ではアルプスでもかなり上位にくるだろう。

Img_0175

基本ガスの中だが、時折富山県側に視界が開ける。白馬大池まで降りてくると少し雷鳴も聞こえ始めるが、さらに標高を下げると上空は青空となる。

Img_0181

天狗原から風吹大池は森の中で適度にテクニカルな土のトレイルで岩の上から解放され足にとても優しい。

Img_0183

辿り着いた風吹天狗原は、白馬岳から下りてくると果ての楽園といった様相。やっぱりこういう景色の変化が縦走山岳ランの魅力だと思う。

Img_0184

とても静かな風吹大池。会ったひとは小屋のオヤジのみ

風吹大池からの下りのトレイルも快適で途中良い水場もある。あっという間に林道の終点に到着。あとは林道を下るだけで余裕と思っていたら、最短の沢沿いの林道は既に廃道で、100m近い登り返しとものすごい蛇行で結局電車の時間ぎりぎりで北小谷の駅に到着した。

Img_0187

標高400m。普通に下界の暑さでもう汗だく。急いで水を浴びシャツを着替える。

白馬までしばし電車の旅を楽しんだあと、八方の車まで戻り温泉に寄って21時過ぎに帰宅。山におけるあらゆる要素が詰まった最高の部類のコースだろう。

|

« TJAR序盤 | トップページ | おんたけスカイレース »

コメント

うーん、スケールがでかい!

投稿: 白山練のM | 2012年8月19日 (日) 23時19分

地元なので懐かしい風景が出てきて嬉しかったです。(地元といえども八方池から先は行ったことがないのだけど)
初っ端、あの林道を登っていくとはさすがです。

投稿: かつ | 2012年8月19日 (日) 23時28分

好い景色を見させて頂きました

すべてが早くて素晴らし過ぎです

好いコース取りは勉強になります

大糸線のこの区間はシビアなので乗り遅れたら大変です

投稿: 塔ノ岳 | 2012年8月20日 (月) 05時56分

○ちゃん
週末は楽しみですね。白山練の成果を見せてください!

投稿: 山羊 | 2012年8月20日 (月) 20時39分

かつさん
地元だったんですねー。いやぁうらやましいです。
林道もあれだけ景色がよければつらくないです。

投稿: 山羊 | 2012年8月20日 (月) 20時40分

塔ノ岳さん
ほんといいコースでした。
大糸線は次の列車は17時台で、
最初はそれに乗れればいいかなと思っていたのですが、
ペースが良かったので頑張ってみました。

投稿: 山羊 | 2012年8月20日 (月) 20時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160383/55457236

この記事へのトラックバック一覧です: 白馬三山・池巡り:

« TJAR序盤 | トップページ | おんたけスカイレース »