« トレイルランナーは強くなったか | トップページ | 上州武尊山 »

2012年5月25日 (金)

グラフで見るUTMF

ゴール時間でソートしてグラフにしてみました。色の帯が関門単位になります。左に切れ込んでいるところが前半の通過時間が速く、右に出っ張っている場合後半追い上げたということですね。Utmf_g_3

もうひとつはA8西富士中学校でソートした場合。これほどまでにゴールが入り乱れるレースは他にはないでしょう...こんな針山でつつかれたくない...自分も終盤苦戦したのですが、こうすると全く穏やかなものです。

A8西富士100位以内の選手は基本的にはゴールまで安定していて(つぶれた時点でリタイアするケースも多いかも)、中位の選手の変動が非常に激しく(時間的には完走可能なので多少無理してでも突っ込む。二晩目に入るので途中仮眠をとっている)、また制限時間近くだと凹凸が比較的穏やか(きっちり完走を目指してペースを守っているor間に合わない選手はリタイアしているのでグラフに出てこない)といった傾向があるようです。

Utmf_a8_3 

 

|

« トレイルランナーは強くなったか | トップページ | 上州武尊山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160383/54793364

この記事へのトラックバック一覧です: グラフで見るUTMF:

« トレイルランナーは強くなったか | トップページ | 上州武尊山 »