« ハセツネコースへ | トップページ | 高天原を目指して2 »

2011年9月26日 (月)

高天原を目指して

いつか行きたいと思っている場所というのはいくつかあると思う。高天原もそんな場所のひとつで、3連休の後半2日を使ってようやく訪れることができた。

初日のコース:七倉-船窪小屋-船窪岳-不動岳-南沢岳-烏帽子小屋-野口五郎岳-水晶小屋-雲ノ平-高天原

欲張りなロングコースだが、百名山を一つも踏まない。静かであり、名山をいろんな角度から眺めることができるというのがなかな魅力かもしれない。今回は写真レポート付き。

P9245523

4時36分登山口出発。1時間半ほどで森林限界を超え、6時40分船窪小屋着。トイレに駆け込む。

P9245530

船窪小屋からは片側が崩壊したアップダウンが激しい稜線が続く。樹林帯が多く、あまりアルプスらしい景観ではないが、こういうのも嫌いではない。

P9245531

不動岳への稜線。山頂手前でうっすらと雪が積もっているのを見る(前日に降ったらしい)。

P9245532

不動岳から来た稜線とその奥に針ノ木岳と蓮華岳を望む。

P9245533

中央最奥に水晶岳。今日はあの向こうまで行く、ということが想像つかない距離感。

P9245538

次のピークの南沢岳にて。ようやくアルプスらしい景観になってきた。

P9245539

烏帽子岳とその奥に三ツ岳。紅葉してたら綺麗そうだがまだまだだった。

P9245541

烏帽子小屋には10時18分に到着。水の補給等で大休止。

P9245543

爽快な白砂のハイウェイ。最高すぎて言うことなし。

P9245555

11時45分野口五郎岳着。空気が薄いのか寝不足か、この区間は頭クラクラになってきた。

P9245550

裏銀座全縦走路が望める。今回はこっちには行かないがどこまでも行きたくなる稜線だ。

P9245553

水晶岳もいよいよ目の前に迫ってきていた。しかし彫りが深くてかっこいい山だなあ。

つづく

|

« ハセツネコースへ | トップページ | 高天原を目指して2 »

コメント

最後の写真。このアングルからの水晶岳、新鮮。あー、今年行き損ねた。船窪方面はカットで同じルートでした。素晴らしいお天気で何よりでしたね。

投稿: り | 2011年9月28日 (水) 21時19分

北東からの水晶岳は2コブに見えて目立ちますね。
天気は最高でした。
日焼け止め忘れてチョー日に焼けました。皮が剥けてきて大変です。

投稿: 山羊 | 2011年9月29日 (木) 21時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160383/52839422

この記事へのトラックバック一覧です: 高天原を目指して:

« ハセツネコースへ | トップページ | 高天原を目指して2 »