« 1分のために | トップページ | 涼しい週末 »

2011年7月23日 (土)

富士登山競走

ざっとですがレースの心境を中心に書きます。

スタート前、直前まで上着をきて待機をしていた富士登山競走は初めてだった。スタートの仕方も3年前から変わっていて、別のレースに来たような気分でちょっと新鮮だった。

スタートして街中の登りで、いつもより前に見える選手が少ない。登りきった交差点の通過タイムもいいようで、今日はいけるのかもと思う。しかし、浅間神社を過ぎると左大腿に張りがあって脚があがらない。普段は気にならないちょっとした疲れが、レースになると出てくる。中の茶屋は32分弱。給水で鼻に水が入って呼吸乱れ順位を下げる。回復していいペースに戻したのだが順位に変動なし。馬返しは52分半ぐらいで通過。タイム自体は想定通り。

馬返しではのどが渇いていないので給水なし。しばらくは走るが2合目手前で歩きも入れ始める。歩くとフクラハギがピリピリ痙攣している。疲労が取りきれていないのか?これ脚持たないんじゃないのと思う。しかしペースは落とせない。若干無理している感もあるが維持する。頑張ったので五合目は1時間35分で行きたかったが、36分ちょうどだった。余裕がない状態でこの1分の遅れは大きい。まだ対ベストで2分貯金があるものの、すぐ使い果たす予感がした。

焦り気味で満足に補給できず五合目を立ち去る。しかも、前回試走でつぶれた状態に似ていて気が重い。何か切り替えが欲しい。六合目での応援とコーラがちょうど良い切り替えになり、レース中で初めて安定モードに入る。花小屋まで27分半ぐらいで、まさに3時間10分の当落線上にいることがわかる。よし、まだ行ける。人に追いつこうが抜かれようが、焦らずペースを維持することを心がける。そして本八合目で2時間46分。23分台で行けば3時間10分を切れる。九合目への足取りで、それが可能なことを感じる。淡々と山頂に向かい、最後の最後だけスパートして目標を達成できた。

今年は練習で山頂まで行けなかったけど、過去の経験で体力の残ゲージに対してのペース配分がわかっていたのが大きいと思う。応援くださった皆さん、互いに山頂目指して頑張った選手の皆さん、ありがとうございました。次回は最後の砦である3時間切りを目指します。

48_large_2

ハリ天さんのところから頂いた写真。目一杯だったのだが、顔が気合い不足だなあ。。

|

« 1分のために | トップページ | 涼しい週末 »

コメント

いつも応援させて頂いてます
最後にスパート出来るのが凄いです

投稿: 塔ノ岳 | 2011年7月25日 (月) 06時19分

お疲れ様でした。
馬返しから5合目は、練習の時にいただいたアドバイスをもとに抑えながらタイムアップができました。
ありがとうございます。
来年もまたコース上でお会いできるといいなあ。
お互い頑張りましょう!

投稿: みやした | 2011年7月25日 (月) 11時28分

塔ノ岳さん
スパートできたのはほんとに最後の階段だけでした。貯めて貯めてでした。

みやしたさん
ついに5合目から80分台に突入しましたね。練習の賜物ですね。
私もその世界に踏み入りたいです。
まだまだベストタイムは先にあると信じて頑張りましょう。

投稿: 山羊 | 2011年7月25日 (月) 21時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160383/52288446

この記事へのトラックバック一覧です: 富士登山競走:

« 1分のために | トップページ | 涼しい週末 »