« 6月の雨の日 | トップページ | 富士山練習 »

2011年6月 5日 (日)

北関東横断の旅

週末は震災の影響で延期になっていた奥久慈トレイルレースに参加した。今日は1人での参加なので、フリーなプランで動く。レース前日は意外にもまだ未踏だった那須岳へ向かう。那須有名だしは人気の山らしく、駐車場はほぼ満杯。

P6045398

火山らしい荒涼とした景観の山だが、朝日岳を越えると雰囲気がマイルドになる。どうも足が重く、三本槍岳は意外と遠いなと思ったが、最高峰には登っておきたい。

P6045404

P6045412

12時半下山。大子へ向けてドライブ。リゾート風な那須から、徐々に日本的な山里へ移行していく。穏やかな風景が続く中、震災の影響はどうだったのだろうかと思う。14時15分大子着。那須と比べて蒸し暑さを感じる。スーパーで買出しして会場へ。受付を済ませ温泉へ行く。滝見の湯というこじんまりとした、雰囲気のいい温泉。そして説明会&交流会へ。皆さんと楽しく話をする。

3時半起床。4時過ぎのバスでスタート地区へ。大吊橋でアップをすると脚はまずまず軽いのだが、腰からチョウケイにかけて張りがあるのでストレッチを入念にする。序盤はよくある序盤の展開。あまり暑さを感じず快適に進めていたが、男体山を過ぎたあたりから急激に脚と心肺が怪しくなってきた。林道が気持ちペースが早かったことと、気温が上がったこと、2年前とコースが違ったことなどが重なったのだと思う。本来ここで前後していた武藤さんとともに前を行く平澤さんを追いかけたかったのだが、もはや脚を長持ちさせる方法を考えるしかない状態だった。頭の中はとにかく水、水、水。エイドと途中の沢での水の有難さを知った。その後ずっと一人旅だったが、快走感には程遠く、案の定最後は追いつかれて4位に後退した。

ということで、なかなか苦しいレースだったが、足が攣った最後のトレイル区間でも2年前と比べると若干早いぐらいで、ペースそのものは悲観する内容ではなかったようだ。やっぱりコースがハードなんだなあ。それからエイドの充実ぶりや地元の方の応援がうれしかった。雰囲気が魅力的なレースで、来年は4月に開催されることを願ってぜひまた出てみたいと思った。

P6055413

終了後は5位入賞のサトヒデさんと再び温泉に行き、表彰式に参加。16時20分会場発。途中激しい夕立に遭い、帰路はゆとりのあるドライブにはならなかった。18時宇都宮IC。渋滞はほとんどなく、20時ちょうどに帰宅した。

3週続いたトレイル修行で現状の走力、得手不得手、疲労の溜まり方取れ方などなど確認できた。体力は無限ではないのでうまくやらなければいけない。今週末から2ヶ月半再びOLモードに集中する。

|

« 6月の雨の日 | トップページ | 富士山練習 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160383/51865982

この記事へのトラックバック一覧です: 北関東横断の旅:

« 6月の雨の日 | トップページ | 富士山練習 »