« 3000m | トップページ | 変化の多い1日 »

2011年2月28日 (月)

リトルタイムスリップ

この時期になると丹沢に行きたくなる。土曜日、夕方に鎌倉入りするため、寄り道することにした。短めにしたかったので、珍しく大倉尾根へ。

前回、大倉尾根で登ったのも、やっぱりどこかへ行く途中だった。何の時だったか、そう、愛知でのインカレを見に行く途中だった。なんて考えていたら、当時のことをいろいろ思い返した。もう10年前のことなんだな。

自分を知る人々はほとんど変わった。しかし、自分自身のやってることもそうだけど、考え方や楽しいと思えることは、あまり変わっていないらしい。山は変らずっていうけど、俺も山みたいなものだろうか。それがいいのか悪いのか分からない。深く考えてもあまり意味はないだろう。

タイムアタックは、バス停スタートで山頂まで。いきなり破裂しそうな脹脛に、久しぶりにしょっぱい汗。コースのことは、断片的にしか覚えていなかった。でも下山して花粉にやられる感じを覚えていて、それがいくつかの記憶を呼び起こすようなところもあった。漠然とだが、それらは嫌な感覚ではなかった。

大倉バス停前-塔ノ岳(68:17)-鍋割山-二俣-堀山の家-大倉(計3時間ちょっと)

|

« 3000m | トップページ | 変化の多い1日 »

コメント

上は緑色でザックに鈴を鳴らしていました!!
時間的には堀山ノ家から上で擦れ違っているはずですが、気付くはずがありませんでした!!

多分、萱場平(戸沢分岐の上の木道付近?)フラットなところで、一人、格好好い人が?登って行くなと記憶あります。 (瞬間で2秒位)

それにしても二俣経由で堀山ノ家で大倉バス停に戻り、3Hは凄すぎです!!

投稿: 塔ノ岳 | 2011年3月 1日 (火) 06時15分

塔ノ岳さん
時間的に多分それ私ですね。かっこよいかは別にして、、
私も下りてくる方に気付いたのですが、汗で目が染みていて、もう大変なタイミングでした。
大倉尾根、いいですね。またチャレンジしたいです。

投稿: 山羊 | 2011年3月 1日 (火) 22時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リトルタイムスリップ:

« 3000m | トップページ | 変化の多い1日 »