« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月30日 (火)

ロゲとその後のトレーニング

■ロゲ遠征の工程
11/18 JPN出発:機内泊
11/19 NZL到着:クライストチャーチ泊
11/20 現地へ移動→レース:睡眠なし
11/21 レース→終了後移動:クライストチャーチ泊
11/22 NZL出発:日中はAUSシドニー滞在。機内泊
11/23 帰国
つまり2泊6日

■帰国後のトレ
11/23 帰国日 日和田山へ 12km 半分歩き
11/24 自転車通勤のみ
11/25 自転車通勤 夜6.2kmペース走 23:08 +ジョグ4km 結構走れる
11/26 通勤ラン 往復25km 2時間 脚は動くがケツが黄信号
11/27 朝霧 設置&自主練 講習 計10㎞ちょっと 昨日の疲れあり
11/28 県協会大会+ダウン 計13km まあまあか 夕方寝てしまい夕飯食い逃す
11/29 自転車通勤 夜ジョグ5km  目立った疲労感はないが
11/30 高麗郷NE60分 航空公園11km  脚が動かん...

ロゲから帰ってきて身体の反作用で25日あたりに素軽くなり、走りたい衝動で動き出すが、徐々に疲労が蓄積し今日に至る。本当の全快にはやはりもう一回転必要か。

Pb274648_2 

写真は土曜日の朝霧にて。ベタなやつです。次の目標はこの山を気分よく眺めること。3月と5月。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年11月25日 (木)

ロゲインの断片

「羊の楽園」

序盤戦、しばらくは楽なロードが続いていたが、CP24に向けては海岸に出て、波打ち際を走る。目の前は南半球の太平洋。潮の匂いは日本で感じるのと変わらない。一旦、僕らには落ち着く針葉樹の森に入り、再び海岸にでる。

次は海からの急斜面途中にある、難易度の高いCP75だ。海岸からの斜面をトラバースするように細いトレイルがついているが、時折断崖の中を進む。CPへと続く沢にぶつかり、いよいよ直登に入る。足元に海が広がっていくスリリングな光景。

しばらく登り続けると、ようやく斜面が若干緩くなる。そこで見たものは、羊たちの群れだった。彼らがどこからたどり着いたのかは知らない。そこは、外界からは隔絶された、羊たちの楽園だった。

---

「眠くならない方法」

夜間は予報通り雨になり、気温が低下した。特に海岸沿いや稜線上は風が強く、遮るものがないため、体感温度は相当低くなり、厳しいコンディションとなった。

私は21時ぐらいから薄手のジャケットを身に着けた。雨をしのぐのであれば、これで充分だったが、多量の水を含んだブッシュの通過で、服を着たまま泳いだような状態となり、そのまま風雨の稜線に上がることは、意図的に低体温症になろうとしているかのようだった。

平衡感覚がなくなり、全身が震え呼吸もままならない。即効でエネルギーが必要。山田君からパワーバーを分けてもらう。そして風船を膨らませる要領で口を膨らまし息を吐き出し、体温を上げる。原始的だが、これが唯一寒さに抵抗できる手段だった。幸い身体は反応してくれ、AM2時、ギリギリながらハッシュハウスに戻ることができた。

いかに危機的だったかというと、その後ゴールするまであくび一つの眠気もでなかった。眠ったらアウトという指令が、脳から強く出続けていたのだろう。

---

「チームNO.552」

僕らのチームは移動力はある方で、他のチームに落いつかれることなく終盤を迎えていた。CP43のアタックに入ると、先にCPを取り、ゆっくりと上りに入っているチームがいた。僕らと同様50に向かう動きだ。2分ほど遅れてCPに到着。斜面を上り稜線に戻ると、かのチームの姿は見えない。

しばらくすると、右後方から不意に1チームが近づいてきた。先ほどのチームだろうか。彼らはスムーズに柵を越え、斜めに僕らの前にでた。ゆるい下り基調であったが、じわじわ離される。お、このチームは走力あるな、そう思った。ゼッケンは552か。覚えておこう。そこからCP50に近づく間に1分近く離され、さらにアタックの差でもう1分ついた。いや、ナビゲーションも手慣れている。その後、彼らの姿は見れなかった。

表彰式。優勝チームが発表される。4365点。

チームNOは、552だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月24日 (水)

そして、次の、一歩へ

昨日は何だか自分の住む街を山の上から見たくなって、日和田山に登った。脚は当然重く、いつもどおりには登れない。

Sdim0503_2

海外から帰ってきて、高麗川の駅に降り立つのは3回目。あまりとりえもないこの街だけど、なぜか心が和らぐ。

Sdim0508

自分を鍛え、時に心を支えてくれるこの山に感謝しつつ、ゆっくりと下山した。秋も深まる11月の午後だった。

Sdim0498

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月23日 (火)

WRC2010終了

ロゲイニングの世界選手権から帰ってきました。

結果としては20位に終わった。うーん、予想の範囲内で悪いほうの結果といったところか。前回参加した経験から、10位前後が狙えるだろうというペース感触だったが、序盤のミスや回り方、フェンス越えテクニックなどなどで微妙に獲得点数を下げてしまった感じだった。せめて、3000点に届いていれば納得度はもう少し違ったはずだが。

今回はナビゲーションができてエンデュランスにも強い山田くんにチームを組んでもらった。もともと春の時点で当初のチームメイトが出れないことはわかっていたのだが、私自身の参加の意思が8月のOLの世界選手権が終了するまで固まらなかったので、メンバーに誘うのが9月になってしまった。そんな状況下で参加を承諾してくれた彼には大変感謝している。2人とも国内の長距離のトレイルレースでは入賞するぐらいの力は持っている。その走力をもってすればロゲイニングの世界でかなりいい結果が出すチャンスだと思って挑んだので、もうひとつ伸びなかったのは残念だし、やはりロゲイニング特有の準備が少し足りなかったかなと私自身反省している。

ただ、いろいろと経験値を積むことができた。まず最後まで大きく崩れず、ペースを維持ができたのは収穫だったし、そのペースに見合ったエネルギー補給量をつかむこともできた。これはロゲインだけでなく、トレイルレースやチャンレジングなロングトレランにも応用できるだろう。それから、ロゲイニングは事前の情報収集とフライトプラン(回り方の作戦)が重要だということが、改めて感じられた。今回フライトプランを事前提出というルールになっていたが、実はフライトプランを大きく上回る点数は基本的に取れないわけで、スタート前にそのチームの最高得点はほぼ決まってしまっている。チーム層が厚い世界選手権ではこの部分は相当念をいれてのプランが必要だろう。

細かい点は今後書いていきたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月17日 (水)

山羊の足跡

NZへあじゃりのメンバーは今日出発が多いけど、自分は明日夜出発。

世界ロゲイン、4年前はどんなだったっけと当時の記事を読み返してみたら、ああこんな感じだったなあと。結構ちゃんとしたことを書いていて、我ながら参考になった。ついでに、前後のバックナンバーも読んだらこんな頃もあったなあって、少し元気になった。昔の自分から元気をもらうとはね。

頑張るとか、楽しむって言葉はあんまり好きじゃないので、何だろうね、足跡を残してくるってことかな。できるだけ多くの。

| | トラックバック (0)

2010年11月10日 (水)

1110

よく冷えた朝だった。

Pb104591

Pb104602

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 7日 (日)

ロゲイン世界選手権に向けて

本日はロゲインの世界選手権のパートナーとともにトレラン練習へ。当初は大菩薩方面と考えていたが、丹沢方面へと足を運んだ。宮ヶ瀬湖からのミドル周回コース。丹沢自体かなり久ぶりだったが、さらに丹沢三峰コースとなると5年ぶりぐらいだろうか。登っていくにつれて紅葉が綺麗になり、丹沢三峰周辺が特に良かった。また丹沢山を過ぎてから足元の谷の紅葉と、ちょっとだけ雪を被った富士山の対比が素晴らしく、景色を堪能しながら進んだ(カメラを持って行かなかったことをちょっと後悔)。蛭ヶ岳からも快適に進んでいたが、鳥屋分岐からは下山路は崩落により通行止めになっていた。様子を見て行けると判断して下ったが、その先も全般的にルートが荒廃しつつあり、山麓側の入口は道標も外されていたようだった。今の状況だといずれ完全に廃道になってしまうだろう。何度も通ったことのあるルートだったので、残念な気がした。

鳥居原園地(8:54)-登山口(9:15)-丹沢山(11:10-11:18)-蛭ヶ岳(11:57-12:05)-姫次(12:33)-鳥屋分岐(12:59)-車道(13:47)-鳥居原園地(14:06)

2週間後のロゲインに向け、5時間のちょうどよいトレランだった。本番は24時間なのでこうさわやかには終わらないだろうけど、彼は私よりエンデュランスに強いので心配はいらないだろう。せっかく出るからには上位を狙いたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月 4日 (木)

餃子大会

昨日は余ったビールを消費しようということで、餃子パーティを某宅で開催。電車の旅で来る人、ロゲの運営後来る人、走ってくる人などなど高麗川駅に集結した。餃子は「サイボクゴールデンポーク」バージョンと、「エビ入り」バージョン、そしてヘルシーなもやし100%バージョンもあった。6人で100個完食!うまかったっす。ビールもだいぶ減りました。

Sdim0487_2 キッチン担当の方々と包み作業待ちの男性陣。かなり調理用具の乏しいおうちでしたが、料理長をはじめありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 1日 (月)

静かな鎌倉

台風の翌日だったからなのか、紅葉にはまだ早い時期だったからなのか、鎌倉の街は人が少なめで、いつもより静かに感じられた。鎌倉の街だけでなく、全般的に人出が少なかったようで道も空いていて、予定よりかなり早く到着したので、新たなCP探しに珍しく朝からお散歩ができた。

Pa314578

と、あるお寺にて。猫も今にも眠りの世界に戻ってしまいそうな、穏やかな時間が流れていた。

そんな陽気の中の鎌倉ロゲインニングセミナーも無事終了しました。ご参加ありがとうございました。次回もご期待下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »