« 赤いタロン | トップページ | 久々のコンピラ »

2010年9月21日 (火)

クラブカップ

みちの会、最後のクラブカップで初優勝でした。ゴールまでの流れを時系列で書きたいと思います。

・単純な足し算では強いクラブはいっぱいあり入賞争いに引っかかるぐらいなのではないかと思っていた
・1走こばともはまずまず。2走りかさんは快走。今日はいい順位でタッチを受けそうだ。
・3走太田監督が3位に上げ、これはひょっとして、、と思う。
・4走皆川さん女子対決でぶっちぎりトップで帰還。やべー、これはトップで7走までくるぞ。
・5走元気も20分を切るタイムで流れに乗り、さらに差を広げる。
・6走勉さんES加藤と5分差でスタート。ほぼ同じぐらいで帰ってくるのではないか?緊張感増大。
・日差しが強く気温も高い。水道で何度も冷やす。
・軽くアップし、6走タッチ後25分経過するまでは日陰でじっとする。
・チェンジオーバーに行くとチームメンバーが盛り上がっている。ドキドキだ。
・勉さんがラジコンを通過。その後朱雀が2分半後。強敵ESも静岡もまだ通過しない。
・そしてトップでタッチを受ける。

・スタートフラッグまでにコースを確認する。S-1はあまり遠くなく、オーソドックス 。 「今までにないレッグ」というほどすごいのはないように見えた。
・6走まで続いてきた流れを壊さないことが大事。1はきっちり取れ一安心。
・4で1.5分のミスをする。3分まではOKだろう。許容範囲と考える。
・とにかく「いつも通り」を意識した。1レッグずつじっくり丁寧に進める。
・油断ならない11,12をこなし、13の上りでも足音が来ない。まず大丈夫だ。
・しかし15で隣接にはまりロス。続く16が見つからずに焦った。ここが初優勝への最終試練だった。
・トップで会場に戻り、初めてのウイニングラン。いつかやってみたいと思っていたので、本当に感動した。

愛着ある埼玉西部のこのクラブで、日本一になることができ本当にうれしく思います。

|

« 赤いタロン | トップページ | 久々のコンピラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クラブカップ:

« 赤いタロン | トップページ | 久々のコンピラ »