« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月29日 (水)

巾着田2010

今朝の様子。去年よりずっと遅いですね。一番の見ごろは土曜日ぐらいか。夏の暑さを物語っております。

P9294377 P9294383 P9294401

P9294402

P9294405 P9294408 P9294424 P9294427

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月27日 (月)

OSJ安達太良山

土曜日は秋が瀬公園のパークO運営でしたが、昼過ぎに出発し16時前に岳温泉に到着。

パーティー&競技説明の後、横向温泉の中の湯という湯治宿にWさんともっちーさんと3人で泊まりました。この宿は、昭和の世界にタイムスリップしたような雰囲気で、趣きありすぎで期待通りでした。お湯につかり、こたつでぬくぬくしながらこの夏を振り返ったり、楽しいひとときでした。

翌日は朝6時スタート。最初の安達太良山への登りで10位。和尚山を越え銚子ヶ滝への下りで7-8位。船明神山への登りで4位になり、あとはずっと4位という展開でした。調子が良かったというか、涼しかったこともありコンディション面で苦痛に感じる部分がほとんどなく、最後まで気持ちよく走れました。

P9264363コースはOSJらしくハードな設定で、特に箕輪山への登り返しは強烈でしたが、山麓は走れるところが多く、こういうコース設定もありかなと思いました。景色も素晴らしかったです。

久々のトレイルレースでしたが、コースがハードな分、勝ち負けに関係なく互いに健闘を称えあったりと、トレランレースならではのいい雰囲気でした。楽しかったです。

ちょっと転倒した際に太腿を打ってしまい、ダメージがありますが、2週間後には回復させたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月23日 (木)

久々のコンピラ

今日は予定していたあじゃりJOYvol2が雨で流れたため、なおさんと近くでさくっとということで、久しぶりに金比羅尾根に行ってきた。タロンの試し履きを兼ねて長尾平までの往復。往路はイージーで行き、下りはペースを上げてみた。長尾平-日の出山13:21、日の出山-五日市会館42:28。CP3-Gで55:47。本番は2割増(67分ぐらい)でまとめるのが目標か。タロン190はハセツネコースとの相性は良さそうだったので、これを使うつもり。今週末はOSJ安達太良で11ヶ月ぶりのトレイルレース。かなりタフそうだし、長めのトレーニングやレースが全く足りていないので、どんな結果になるか全くわからない。でも逆に楽しみでもある。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年9月21日 (火)

クラブカップ

みちの会、最後のクラブカップで初優勝でした。ゴールまでの流れを時系列で書きたいと思います。

・単純な足し算では強いクラブはいっぱいあり入賞争いに引っかかるぐらいなのではないかと思っていた
・1走こばともはまずまず。2走りかさんは快走。今日はいい順位でタッチを受けそうだ。
・3走太田監督が3位に上げ、これはひょっとして、、と思う。
・4走皆川さん女子対決でぶっちぎりトップで帰還。やべー、これはトップで7走までくるぞ。
・5走元気も20分を切るタイムで流れに乗り、さらに差を広げる。
・6走勉さんES加藤と5分差でスタート。ほぼ同じぐらいで帰ってくるのではないか?緊張感増大。
・日差しが強く気温も高い。水道で何度も冷やす。
・軽くアップし、6走タッチ後25分経過するまでは日陰でじっとする。
・チェンジオーバーに行くとチームメンバーが盛り上がっている。ドキドキだ。
・勉さんがラジコンを通過。その後朱雀が2分半後。強敵ESも静岡もまだ通過しない。
・そしてトップでタッチを受ける。

・スタートフラッグまでにコースを確認する。S-1はあまり遠くなく、オーソドックス 。 「今までにないレッグ」というほどすごいのはないように見えた。
・6走まで続いてきた流れを壊さないことが大事。1はきっちり取れ一安心。
・4で1.5分のミスをする。3分まではOKだろう。許容範囲と考える。
・とにかく「いつも通り」を意識した。1レッグずつじっくり丁寧に進める。
・油断ならない11,12をこなし、13の上りでも足音が来ない。まず大丈夫だ。
・しかし15で隣接にはまりロス。続く16が見つからずに焦った。ここが初優勝への最終試練だった。
・トップで会場に戻り、初めてのウイニングラン。いつかやってみたいと思っていたので、本当に感動した。

愛着ある埼玉西部のこのクラブで、日本一になることができ本当にうれしく思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月17日 (金)

赤いタロン

勝負シューズが届いた。Inov8のX-Talon 190。つまりは190g。ベストセラーのノーマルタロンでも212gで超軽量だが、さらにその上をいく、軽さの頂点をいくトレランシューズだ。ソールの形状はノーマルタロンと同様だが、アッパーの素材が異なる。どちらかといえばノーマルな素材だが、何か大事なものが足りないのではと思わせるぐらいつくりがシンプルで軽い。また、足入れ感はとてもソフトで、案外戦闘的な気分にはならない。とりあえず団地の周回コースを走ってみたが、くせのないシューズだ。ロード用シューズと同じタイムで走れた。ちょっと柔らかすぎるかもしれないので、トレイルで使ってどうかだな。

涼しくなってきました。山ではこんな色づきももうすぐですね。明日からは駒ヶ根です。

P9273290

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月14日 (火)

夏の続きの富士山麓

週末は富士山麓での2日間でした。

土曜日はAMに富士シリーズのミドルレースを来週のクラブカップに向けての状態確認を兼ねて走る。スタート前は涼しいかなと思ったが、走るとまだ暑い。レースキロタイムこそ上がらないが、来週のエース対決に向けよい感触だった。

午後は講習会を行う。この時「直進で行ってみましょう!」と言った場所にまさにCPが設定されていたので(しかも97点!。もちろん私は事前には知らない)、参加された方は少しお得だったかもしれません。夜はジャンボにてナビゲーション競技者の交流会があった。交流会は久々のジャンボバーベキュー。マニアなクイズでなどでなかなか楽しかった。

日曜日は富士山麓ロゲイン。昨日より暑さが厳しく、真夏と変わらないような暑さの中でのロゲインだった。今回は阿闍梨メンバーのコイちゃんこと小泉君と初ペアを組んで、TEAM阿闍梨として出走した。

地図を見て会場が端っこのほうなので、時計回りか反時計まわりのいずれかの選択になると思った。ルートが固定になるのが反時計まわりだったので、それで確定。89までの流れは決まりだけど、その後はいくつかパターンありそう。今回のスタート前のプランニングはコイちゃんブログによると「わりと適当」な印象だったみたいですが、確かに中盤以降のことはあまり決めませんでした。でも、いつもそんな感じです。特に今回は序盤の流れが固いので、その間に考えられるということで簡便に済ませたということもあるかもしれません。

スタート前に明確な役割分担はしなかったが、基本的にその時に調子がいいほうが先導して進めていく。後ろからついていく方も地図は読んでいるので、ちょっと判断に迷うようなケースは、確認しあえば比較的あっさりと答えが出てくる。何かリレートレーニングの延長のような、慣れた感覚でテンポよく進んでいった。私としては最初の2時間がきつかった。ややペースが早かったのと、スタート前から身体が火照っていたせいだろう。給水によって身体の水分量と体温を適正値に戻すことができて、ようやく安定して走れるようになった。

地図の精度もよかったので、藪が最もひどいエリアで5分ほどのミスがあったがあとはあまり問題なかった。平年並みの気温であれば、ペンショントイレの給水に寄る必要もなかったと思うので、さらに22と14は狙えたと思う。コイちゃんとはまたチームを組んでもいいし、強力なライバルチームになってもらっても面白いかな。個人3時間だったらいい勝負でしょう。

帰りは温泉に寄り、御殿場にあるお店で海の幸のどんぶりを食べる。ここのお店はいいっすね。そして行く先々で同乗者の終電ぎりぎりで、最後までロゲ気分を味わった。

走りあり運営ありで、久々にあじゃりらしく2日間満喫したイベントでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 8日 (水)

先週末

遅くなったが先週末の話。土曜日、午前中は秋が瀬公園へ。パークOツアーの下見だ。この夏の猛暑のせいか一部植生が非常に悪化していて、コースを大幅修正する必要がでてしまった。下見に行っておいてほんとによかった。あのままでは密林のジャングル探検だ。修正後のコースはだいぶ爽やかなものになるが、物足りないことはないはず。

夜は新宿で旧友たちと飲み会だった。3年ぶりぐらいに顔を合わせたが、みんなそれぞれの味を深めながらも、あまり変わってなくほっとした。まあ、同じように歳をとっているからそう感じるだけかもしれないが、気にしないことにしよう。

日曜日はどこ行こうかなと思ったが、富士山へ。特に毎年登るというこだわりもないが、結局今年も9月なって初登頂ということに。馬返しからスタート。このコースはどうしても過去のタイムのプレッシャーがある。「俺は速くなってないといけない」という意気込みで3合目まで早いが、その後へばって5合目46分でよくあるタイム。気持ち悪いし汗も尋常でなくやめようかと思ったが、いちおうゆっくりと走りだす。意外とそのペースがよかったのか、淡々と山頂まで到達する。五合目から93分でレースを含めてもほぼベストだった。少し気持ちが和らぐ。調子に乗ってお鉢をグルグルまわったが、さすがにこれはやりすぎだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 1日 (水)

9月の予定

8月は前半がWOC in NORWAYでCoolにすごし、後半は日本の暑い夏をすごした。走行距離は久々に300kmに満たなかった。大会期間中は、調整で距離を踏まないし、帰国後はこの暑さではあまり走れないので、そんなもんだろう。というより、ノルウェーではあんなに規則正しい生活を送っていたのに、帰ってきてから睡眠の乱れと食欲不振から、なんとか生きながらえているという気が。このままだと徐々に衰えてしまう。

9月はほぼ週末予定が入っていて、カレンダー上では充実している。頭も体も働かず、よくわからないままに過ぎてしまうのだけはもったいないな。

今週末はオフ(パークOツアーの下見などあるが)。12-13日は富士山麓ロゲイン、3連休はCC7、25日はパークOツアー、26日はOSJ安達太良(去年のハセツネ以来、久々のトレランレース)。試験の勉強もしないと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »