« 紅葉#1 | トップページ | 明日 »

2009年10月 5日 (月)

出羽合戦・白鷹山ロゲイン

週末は久々のあじゃり遠征で、白鷹山ロゲインに参戦してきた。今回はぜんとくさんのお誘いで2年ぶりにチームを組むことになった。

土曜日は行きがけに川越水上公園でのパークOツアー出走。スピードレースになり、さらに一斉スタート練習もやって早速使い果たした感になる。13時前に出発。埼玉脱出に手間取るが、高速は順調で18時に山形に到着。到着してある事実が発覚。が、無事出走できることになりひと安心。

翌日は最高の秋晴れ。スタート8時。20分前から作戦タイム。

Pa043300

白鷹山ロゲインのフィールドは面白い。会場の県民の森は標高600mの台地上にあり、周辺には700~900m程度の独立したおにぎりみたいなピークや大小の沼が点在している。また地図の東端は山形市内の平地で、標高は150m程度しかない。ルート取りの自由度と制約のバランスが絶妙で、一筆書きしずらいコースセットが可能だ。今回のコースも非常に頭を悩ませたが、遠くは時間が読めなかったので、近場を一通りとってから山を下って地図の南東端にある最高得点の城山に向かう作戦になった。

レースは倒木を跨いだ時に通気性が良くなるというハプニングで始まった。近場のCPが意外と時間がかかり、山を下り始めた時には既に半分が経過していた。そして、最高得点のCPでは残り1時間半だった。ここから12kmほど、延々と登り返してくるのだが日差しも強くなかなかハードだった。しかし間に合う計算はしており、ぜんとくさんの頑張りもあり、10分の余裕を残しゴールできた。黄金色の田圃や山形の街や見慣れない山並みが一望できて楽しかった。

また天地人ツアーとしても体験することができた。まず畑谷城(121点)を攻略し、菅沢山(86点)に陣に寄り、長谷堂城(161点)を攻めるというのは、偶然にも直江兼続の出羽合戦での動きそのものである。何だか歴史のロマンを感じた。

帰りは麓に降りてすぐ近くにある百目鬼温泉に寄る。ここはなかなかいい湯だった。17時過ぎに山形を出る。ほとんど渋滞もなく22時半に飯能に戻ってきた。山形は遠いイメージがあり、実際遠いが、満足感のある遠征でした。

|

« 紅葉#1 | トップページ | 明日 »

コメント

通気性が良くなるハプニングにはびっくりしましたが、そのおかげでパフォーマンスが上がったような気もしますね。(゚ー゚)

投稿: ぜ | 2009年10月 6日 (火) 12時48分

それはあるかもしれません(笑)
あらゆるリスクも高まりますが、、、
もし蜂の来襲あっていたらと思うとオソロシイですね。

投稿: 山羊 | 2009年10月 6日 (火) 23時04分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出羽合戦・白鷹山ロゲイン:

« 紅葉#1 | トップページ | 明日 »