« メモリーズ | トップページ | 出発 »

2009年8月16日 (日)

UTMBへの助走

富士山からの帰り道、左に2回ウインカーを出し、ハンドルを切るといったいどこへ行ってしまうのか。

一回目は大月ICだった。中央道の渋滞は15km70分との表示。つまり1時間ほどのプラス。これは普通の週末の渋滞の範疇で、特別ひどいものではない。が、夕方これから伸びることも考えると下りてみてもいい、そう思った。下りて一番早いのは、上野原から抜け道を通って相模湖ICから乗り直すというもの。それから、浅間トンネル越え。圏央道ができる前は定番だったが、最近は使用頻度は低い。そんな選択肢を思い浮かべる。

しかし、昨日はもっと手前、大月市内で左に2回目のウインカーを出した。

R139、松姫峠を越えて小菅、奥多摩へと抜けるルートだ。普段では絶対ありえないルートチョイスで、使用実績も過去1回しかない。だが、直感的にこのルートを選んだ。途中、昨年大菩薩に行った時に拠点にした松姫鉱泉があり、その先のうねうねと登る峠道は、以前ここを通過した時のことを思い出させた。眠気と、カーブに揺れる3台のMTB。

峠を越え、奥多摩湖まで来ると、見えてきた橋にはっとした。P8153039

三頭橋。かつて、青梅から雲取山に登り、さらにこの橋を渡って三頭山に登り、高尾までいくというレースがあった。この橋を渡る時、未知の領域にへ踏み込んでいく感覚だったことをよく覚えている。どうやら、ツールドモンブランを前に、ここに引き寄せられたらしい。

さらに、関わり深い榎峠を越える(それが最短ルート)という細かさを見せて、家まで辿り着いた。途中、休憩や渋滞があったりも含め、大月から3時間弱かかった。やはり早いとは言えない。

思えば、このルートを通ったのは、2005年の秋のこと。第一回目のTTRも同じく2005年の春のことだった。先日、地蔵尾根を下りてきた時に思い出した風景も、2005年夏の池口岳のことだった。

誰にも平等に4年の月日が流れ、あの時のようにWOCが始まった。そして、もうすぐ出発だ。

|

« メモリーズ | トップページ | 出発 »

コメント

UTMB楽しんできてください
帰ってきたら、
オリエンテーリングでの勝負楽しみにしています。

投稿: kato | 2009年8月16日 (日) 22時00分

上野原で降りて反射的に私も通常の裏道(R20からさらに裏道)ではなく、和田峠を越えました。イチとの高尾山のトレランから始まったんだなとか考えながら、、。不思議な偶然ですね。

さあ、UTMBですね。スタートラインに立てるのがとてつもなくうれしいです。

投稿: W | 2009年8月17日 (月) 19時15分

katoさん
日本代表の走りに力をもらっています!ありがとう。ガンバレ!
秋からのシーズンも楽しみ。故障などしないように戻ってきます。

Wさん
なんでしょうね、無意識のところで期するものがあるんでしょうかね。
一つの集大成、いいレースにしましょう。
(しかしあの車で和田峠越えは豪快です、、)

投稿: 山羊 | 2009年8月17日 (月) 20時59分

ずいぶんなコース行きましたね。
逆コースが昔の私のお気に入りロングバイクコースです。
いろんな人を連れて、松姫TTを何度もやりましたよ。
こんな橋、TTRで通ったんでしたっけか?記憶にないけど。

投稿: | 2009年9月 3日 (木) 00時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: UTMBへの助走:

« メモリーズ | トップページ | 出発 »