« 公園めぐりと3000mTT | トップページ | トレ、地図、ロゲなど »

2009年2月14日 (土)

さいたまの山 いろいろ

季節がいつだかわからなくなるような陽気の中、久しぶりに山へ。

標高1000mを超えるのは、正月以来。水曜日の疲れも取れないので、埼玉の行ったことのないアプローチの短い山にでも登ってみようと秩父方面へ。秩父を越えて小鹿野から合角ダムを通過し、さらに奥地の長沢集落まで入る。

まず登ったのは父不見山。読めるでしょうか?地形図には「ててみず」、登山地図には「ててめえじ」、途中にあった標識には「てれみえず」。いずれも難読。名前の由来もいくつかあるらしい。山頂はごく普通の山。しかもとなりにもう少し高いピークがある。坂丸峠から登る途中に地形萌えしそうな不思議な凹地が2つもあったのが、見所だった。

P2142475

そのまま二子山へ行けそうだったので行ってみることにした。矢久峠までは尾根道がある。あとは林道で股峠直下まで。

二子山は、以前つけていた登山記録の先頭にあるように、自分にとっては原点の山。登るのは結構久し振りかもしれない。たぶん8年ぶりかな。

P2142490 P2142485 P2142494 P2142501

まずは東岳へ。1歩だけ嫌なステップがあるのだけど、足場が設置されて以前より楽にはなった。西岳は初めて直登コースを取る。なかなかの緊張感。

高いところは苦手なのだけど、楽しくなってきたのでゴジラの背を越えてひととおり縦走。巻き道で股峠へ戻る。

P2142510

下山路は地図がまったく正しくない。地形図が間違っているのだが、登山地図もそれにならっている。これについては別途触れよう。道も荒れていて、赤破線かそれ以下。山の上まで林道が伸びてしまうと、そこより下の登山道は使われなくなり、こうなってしまう運命なのかもしれない。

P2142517

下山後、途中でもうひと山立ち寄る。観音山・698m。距離は短いがなかなか険しい山で、使用済みの脚にはハードだった。国体のコースだったらしい。写真は山頂からの眺め。

本日は時間的にここまで。

毘沙門水なる水場があったので水を汲んで、帰路につく。

P2142518

|

« 公園めぐりと3000mTT | トップページ | トレ、地図、ロゲなど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さいたまの山 いろいろ:

« 公園めぐりと3000mTT | トップページ | トレ、地図、ロゲなど »