« オリエンテーリングとトレイルラン | トップページ | 通過点 »

2008年4月13日 (日)

里山と雪山

P4121140_2

昨日・今日と趣向を変えた山に行ってきました。

昨日は埼玉の里山、まだ走ったことのない山をつなげるコース。

小川・和紙の里-臼入山-官ノ倉山-竹沢-寄居-鐘撞堂山-円良田湖-陣見山-雨乞山-不動山-出牛峠-野上-金ヶ嶽-塞神峠-二本木峠-打出-小川・和紙の里(53km UP2450m)

P4121138

無理やりつなげたので半分ぐらいロードだった。ロードだし、累計比高もほどほどなのでスピードも上がり5時間半ぐらいかと思っていたら見積もりが甘く、写真撮ったりしながらとはいえ、7時間オーバーだった。どこでどう時間がかったんだか、よく分からない。しかも脚への負荷も大きく、コースのチョイスを間違ったなあと思った。というかこのコース、ほとんど車道が平行して走っているので、ロードバイクのほうが絶対楽しいだろう。今年に入ってから疲労感では最大だった。

でも八高線沿いのローカルな風景等々、とってもよかった。この新緑の淡い緑色が好きなんですよね。

P4121132 P4121126_2 P4121128_2 

P4121146 P4121150 

今日は打って変わって雪のある山へ。昨日の疲労のせいか寝つきが悪く、結局眠りが浅い間に目覚ましが鳴り出す。本格的な眠りにつきたい気分だったが、勢いで出発する。行き先は日光方面。7時半に到着。一応女峰山を目指すが、まあおそらく山頂までは無理だろうと思っている。アイゼンは持って、行けるところまで(目標としては2200mの竜巻山までか)。

裏見の滝~モッコ平のコースは何度が行ったことがあるが(去年のアドスポでも紹介)、東照宮からは初めてのコース。こっちのほうがメインルートかな。昨日と違い天気はどんよりとしている。足取りも重い。しかも標高が高いので寒い。1500mぐらいから予想通り雪が出てきた。しばらくはそれほどでもなかったが、1700mぐらいから急激に増える。湿った重い雪。アイゼンは無用。スノーシューでもどうだか。黒岩下の巻き道に入ろうとするが、危険な感じだったので引き返す。膝上までラッセルしつつ直登ルートをとる。なんとか黒岩に到着するが、足が冷たすぎ、風も冷たい、何も見えない、、ということで、ここで撤退を開始。下りも2日間の疲労でヨレヨレでペースはあがらない。でも元気だったらここの下りは最高に快適だと思う(写真参照)。天気の良い初夏が紅葉に時期に来てみたい。選考レースの様子も気になるので、会場に少し立ち寄ってから帰路に着く。

以上、ぶらぶらと機動力を発揮した2日間でした(このブログの本来の趣旨に近い)。。しかしさすがに疲れた。。

Dscn2034

Dscn2033

Dscn2030_2

|

« オリエンテーリングとトレイルラン | トップページ | 通過点 »

コメント

二日間すごい距離を踏んでいますね。しかも二日目は降雪(雨)?私は近所の周りでチョロチョロでした。来週予定のロングトレイルでは死にそうです。

投稿: W | 2008年4月14日 (月) 10時51分

土曜日は長すぎました。
それにトレイルシューズでロードの長い距離走るもんじゃないですね。
踵に普段ないようなダメージがきました。
来週はタイムの見積もりから大きく外れないようにしたいものです。残雪がちょっと心配ですね。

投稿: 山羊 | 2008年4月14日 (月) 21時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 里山と雪山:

« オリエンテーリングとトレイルラン | トップページ | 通過点 »