« 奥武蔵周回 | トップページ | 青梅な土日 »

2008年2月22日 (金)

箱根合宿

先週末はぴろり主催の箱根合宿に行ってきました。本来はトレイルを主体にやる予定だったのですが、雪の量が多すぎるため、ロードがメインになりました。

なお、ハコネ50kは中止になりましたが、金時山のおばちゃんには大変歓迎されました。「地元の人は全然反対してないよ!どんどん走ってよ。開催要望の署名ノート作ろうか?」ということで、僕らも元気づけられました。

Dscn1969Dscn1972初日はトレイルでのトレーニング。仙石原をスタート。金時山まではぬかるみがひどい。金時より先は雪の量が増えるが乙女峠まではよく踏まれている。しかしここから先が大変だった。雪の重みで笹が倒れて道をふさいでいる。ほふく前進でくぐったり、雪の上に乗ったりして何とか前進する。時間がかかるし体力も消耗するので湖尻峠から湖畔のトレイルに下りることに。芦ノ湖を一周して仙石原まではサイクリングロードを経由して戻る。休憩込みで6時間ほど。37kmぐらい。
スーパーへ買出し。各々に夕食。自炊だったり出前だったりカップラーメンだったり、、その後はなんとなく親睦会になり、21:30にマルちゃん登場。朝錬もあるので11時過ぎにDscn1992寝る。Dscn1988

2日目は早朝の金時山登山。朝日に染まる富士山を見る。その後朝食。400gのパスタを平らげる松永君にびっくり。そしてメインの箱根駅伝5区山登りに。芦ノ湖からバスで一旦下山。小田原で相馬さん登場。5区TTトライアルを行う。終始4番手を進むが、最後で松永君とキャプテンを捕らえ2番手でゴール。相馬さんとは8分差。しかし膝が痛みだしたので、湖畔を半周したあとキャプテンに回送してもらった車で関谷さん、片山君とともに宿に向かう。温泉で暖まり、4時に帰路に着く。
関東組はキャプテンおすすめの韓国料理屋で夕食。そして、マルちゃんからの重大発表で合宿を締めくくる。

2日間盛りだくさんの合宿でした。

今回集まったメンバーは、選手として実力者でありながら、個性的かつマイペースな面々でした。住んでいる所も雪国、関西、そして南の島までいろいろ。しかし、トレイルランが好きという共通項がありここに集まってきた。なんだかそれは素晴らしいことに感じました。

|

« 奥武蔵周回 | トップページ | 青梅な土日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 箱根合宿:

« 奥武蔵周回 | トップページ | 青梅な土日 »