« トレイルラン講習会 | トップページ | 北海道遠征・羊蹄山編 »

2007年6月19日 (火)

北海道遠征・全日本大会

パークOと化した3枚目のマップに入った17-18、鹿島田さんは森を直進、自分は道周りルートを選んだ。
荒れた展開、しかし大接戦だった全日本もそこで決着がついた。

もちろん、その時点で自分がトップ立っているとは全く思っていなかった。だからいつもと同じように安全策で道を選んだルートチョイスをした。それが自分が長年培ってきたオリエンテーリングのスタイルだ。だから悔いはない。むしろそういう慎重さがプラスになった面もあって、想定外の2位という成績につながったのだと思う。

|

« トレイルラン講習会 | トップページ | 北海道遠征・羊蹄山編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道遠征・全日本大会:

« トレイルラン講習会 | トップページ | 北海道遠征・羊蹄山編 »