« 火渡り式 | トップページ | ハコネいろいろ »

2007年4月22日 (日)

箱根は超悪天

週末は箱根に行っていました。昨日はトレイルランクリニックのお手伝い。本日はトレーニング。残念ながら、2日間ともあいにくの天気でした。クリニックのコースは天候がよくないこともあり、長尾峠から山伏峠まで10km少々で、2時間半程度だったので、ちょっと物足りなかったかもしれません。

土曜日はガスと風はあったものの、雨はひどくなく、まだ我慢できるレベルだったのですが、今日は未明から激しい雨。4時起き、5時宿出発、6時湯元スタートで、行ければレースのコース1周という予定だったのですが、激しい雨の音で目が覚めた時にそれは無理だと悟りました。よってコースを変更してショートカットコースに。湖尻水門から湖尻峠にあがり箱根峠-湖尻水門-宿泊先の箱根園に戻るという22,3km程度になりました。場所によっては風も強く、足元はジャブジャブ。走っているのか、泳いでいるのか、もはやよく分からない状態。。

今回湖畔の道は初めてでした。完全フラットではなく多少のアップダウンがあり、箱根峠-湖尻水門間の累計比高が120m程度ありました。この湖畔ルート、個人的には嫌いではない、というか、どちらかといえば好きな部類かもしれません。元々狭山湖多摩湖周辺がホームコースであるため。湖畔の道というのは、気分的に落ち着くのでしょう。

箱根の天気は海に近いせいか湿気が多く、雲が発達しやすいようです。奥多摩等内陸の山よりも雨の可能性も高く、雨量も多くなりやすいかもしれません。ちなみに、帰ってから夕方狭山湖方面に行った時には奥多摩山々は雲はかかっておらず、山頂までよく見えました。アメダスによると、今朝の箱根の4-8時の雨量は34ミリでした。こういう雨の降り方がよくあることか分かりませんが、本番こんな天気にあたってしまうとさすがに厳しいですね。。クリニックに参加されたみなさん、スタッフのみなさんお疲れ様でした。当日はいい天気になることを願いましょう。

|

« 火渡り式 | トップページ | ハコネいろいろ »

コメント

私は土曜日に山岳耐久レースの前半を久しぶりに走りました。奥多摩は暑かった。西原峠までで1Lでは足りなかったです。いよいよ暑さによる負荷がかかる時期になってきました。面白かったのは、この時期にハイカーがとても多いことです。なるほど今熊神社のつつじや里山の緑は目が覚めるほどきれいですね。

投稿: わたなべ | 2007年4月24日 (火) 21時04分

>奥多摩は暑かった。西原峠までで1Lでは足りなかったです。
確かに湿度が高い感じでしたからね。こちらも小田原まではムンムンしてました。
先週末だと新緑がきれいなのはまだ1000m以下の山ですよね。これから毎週200mぐらいづつ上昇していく感じでしょうか。
醍醐丸を過ぎると反対から来るTTRの試走のランナーも多かったのではないでしょうか?

投稿: 山羊 | 2007年4月24日 (火) 23時15分

TTRの試走には出くわさなかったですね。10分に1パーティ以上、ハイカーにはすれ違いました。数馬の温泉センターで長く湯につかったところ、腰痛がうそのようにとれました。こんなこともあるのですね。

投稿: わたなべ | 2007年4月25日 (水) 20時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 箱根は超悪天:

« 火渡り式 | トップページ | ハコネいろいろ »