« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月27日 (土)

蕨山

今日は蕨山でタイムトライアルをやってきました。1月とは思えない春のような陽気の中、タイムアタック組・ハイキング組等々10名が集まりました(入間OLの人々も別働隊で走っていました)。いろんなジャンル?の人々が集まったのでなかなか楽しかったです。

で、タイムトライアルですが、1分ほど記録を更新し、51分9秒でした。私は2番目のタイムで、トップは御木さん(51分ちょうどぐらい?)。藤棚山手前のスパートで先行され、そのまま着かず離れず、いう展開でした。御木さんはどんどんランの実力をつけている(ロードは自分より速い)ので、今年の山耐は下りが上達すると強敵になりそうです。よい刺激を受けました。

今回のタイムを単独で更新するのは厳しそう。なので、また開催したいと思います。次は50分台、いずれは50分は切りを目指したいですねえ。

ラップタイムは以下の通りです。

見晴台  738
神社跡  703 1441
中登坂  926 2407
林道  344 2751
大ヨケノ頭 331 3122
藤棚山  1058 4220
蕨山  849 5109

トライアル後は竹寺へロゲインの写真撮影に行き、リニューアルされたというさわらびの湯に。しかし、どこがリニューアルされたのかいまいち不明。浴室の板張りだけは新しくなっていたようだけど、あとはわからず。うーん、期待してたのにちょっと残念でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月21日 (日)

北丹沢

土曜日に今年北丹沢山岳耐久レースに初参加するため、コースの下見をしたいというIさんのリクエストで、経験者のWさんと私の3人で、レースのコースを走ってきました。北丹沢といえば、7月の暑い時期に開催され、激登りに大汗をかいて水をガブガブ飲むレース、という印象でしたが、今回は初の冬の北丹沢。北斜面は雪も多く、曇り空で時折細かい雪が舞い、ちょっと寒々しい雰囲気でした。雪は900mぐらいから上にありました。

070120 

 

 

 

 

 

標高データを見てみると、大が2丁に中が2丁、注文は以上、という感じ。単純明快というか、大味というか、、登りや下りの一直線振りがなんとも美しい、、あまり他には類を見ないコースですね。先週の中央線沿線コースと比較してみると、総比高は同じなのですが、全く毛色が違うことがわかります。どっちが好みかというと、アップダウンが激しいのはどちらも好みです(笑)。このコースの良いところは、やはり拠点に温泉があるところでしょう。寒いこの時期にはとてもありがたいです。タイムは休憩込み5時間42分、実走5時間5分。序盤はゆっくりめだったのですが、途中からレース並みに。最後は迫り来るIさんから逃げるべく、2分100m下降ペースで転がるように下りました。結局追いつかれましたが、あのスリリングさはヤバいです。やみつきになってしまいそう。

ちなみに、Wさんは先週宮古島のウルトラマラソンで優勝。(初ウルトラで7時間台!)それでこの北丹沢のコースを走ろうというだけでもすごいなと思っていたのですが、「いやあ明日はハーフマラソン走るんだよ。」と衝撃の一言。あのIさんでさえあきれていました。まさに鉄人としかいいようがありません。私はといえば今日は大人しくさせていただき、JC大会はNクラスをまわっていました。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月17日 (水)

中央線沿線トレイル

先週の土曜日ですが、毎年1回行くことが恒例になっている中央線沿線トレイルに行ってきました。昨年同様に上野原スタート猿橋ゴール。お気に入りコースであるので、標高データをとってきました。心拍はトランスミッターがどこかにいってしまい見つからず測れませんでした。。

070113  

 

 

 

 

 

タイムは休憩込みで5時間2分、実走4時間48分。コースタイムは16時間だからコースタイム比約30%で、良く走れていそうなのですが、昨年より実走タイムが20分も遅く、ショックでした。単独だったことや、落ち葉や倒木、雪による凍結箇所もあったこと等、いろいろ原因は考えられるのですが、序盤の御前山から高柄山までの区間で昨年36分のところ、39分かかっていたので、一番の要因は疲れがたまってことだと思います。

とは言っても、解析を見る限り上昇率、下降率とも悪くなく、山耐9時間半相応の走りはしていたように思われます。だからこれが実力で、むしろ去年のタイムが異常、という気もします。多分あの走りができれば8時間台なんでしょう。どうすれば再現できるのか??しばらくの課題になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月13日 (土)

奥武蔵ロゲイン

奥武蔵ロゲインの案内がアドベンチャースポーツWEBにも載っているようです。しかもわたくしがコースディレクターということで、何だかかっこよさそうですが、言い換えれば配点設定係です。。しかしこの配点がなかなか難しいのですよね。範囲が拡大することもあり、6時間だと回り方たくさん想定できるので。まあ、私はひとの裏をかくのが好きなので、そういう配点を今考えているということだけお伝えしておきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月11日 (木)

箱根トレイルラン 補足

箱根トレイルランのコースがやはり延長するようです。スタートが湯元になるので、距離が5km登り450mほど増え、30分ほど余計にタイムがかかることになりそうです。55km比高3700mとなると、山耐のほぼ80%にあたりますね。そして終盤に神山への700mの登り返しがあるので、なかなかタフなコースとなりそうです。

神山への登りがいかにキツいか、以下のレポートを参考にしてみてください。

---
【矢倉沢峠-金時山】
平均 20m/min HRavg168
最大 22m/min HRavg172

かなり頑張っている。特に山頂直下では市岡さんについて行ってレースペース並みに上がっている。22m/minは自分にとっては30分程度の一気登りタイムトライアルで出すようなほとんど限界負荷である。

【神山】
平均 16m/min HRavg168
最大 19m/min HRavg173

途中から最大負荷に上げてみた。心拍数は金時山と同じく目一杯上がっているが、20m/minには届かなかった。疲労による登坂力の低下だろう。また山頂に近づくとエネルギー切れになり心拍数が160前半に落ち、平均上昇率もガクンと落ちている。それでも私が一番元気だったので、ここでは3割4割ペースが落ちることも覚悟したほうが良さそう。

#最大はもっとも上昇率の高い比高200m区間を切り出したもの

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月 8日 (月)

天覧山トレ

今日はあじゃりメンバ(というか埼玉西部の人々)の初トレで、ぜんとくさんと天覧山でインターバルトレーニングをやってきました。周回コースを決めて、3分+1分の10本のインターバルでした。このトレーニングはスピードを上げる3分の区間が毎回変わるので、ペース配分等ができないため逆に効果がありそうだと感じました。

070108

下りもスピードを出すと、登りと同じぐらい心拍数は上がるんですね。いやーいいトレーニングでした。

これで長~い冬休みも終了です。休みの期間中の走行距離は263km。目標どおり1日20km以上は達成しました。(7割以上はトレイルです)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月 3日 (水)

ゆきあそび

元旦から駅伝観戦モードだったので、そろそろ冬休みらしく出かけよう思い立って、北八ヶ岳で雪遊びをしてきました。スノーシューで歩いたり走ったり。

Dscn0788_1Dscn0792 Dscn0800 Dscn0801

Dscn0797

Dscn0786 Dscn0806 

Dscn0809_1  

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »