2017年11月18日 (土)

OMM Japan 2017

毎年楽しみに参加しておりますが、野辺山を舞台に開催された今年は新設されたストレートAクラスに出走しました。結果はこちら。準備とレース展開に分けて書きたいと思います。

■装備

基本的には例年と変わらない装備だが、今回は天気予報から特に以下の2点の対策を気にしていた。

1.初日の朝が雨
雨のあがるタイミングを念入りにチェックした。
・早めに上がればフィニッシュ時に乾いているので、そのままレインウェアは防寒着として使える
・気温は高めなのでスタート前にやめば着用せずに走ることができる
最終的に今回は両方を満たし、持って行ったのも最軽量のBerghausのヴェイパーライトハイパーシェルジャケットで大丈夫だった。

2.夕方以降は冷え込む
日曜朝は-9℃まで冷え込む予報も出ていたが、直前の予想から気象予測から-3~-6℃ぐらいではないかと想定した(ただしキャンプ地はアメダス観測地点よりも冷えるかもしれない)。
冬用のシュラフも持っているがさすがに重たいので、できれば例年通りNANGA UDD BAG 180DXを使いたい。このシュラフはエクストリームで-6まで対応であり、エスケープビビィとダウンジャケットを着こむことで何とか我慢できるだろうという想定。また予備ベースレイヤは2枚、タイツ2枚、ソックス、グローブは替えを持っていき、乾いたものを着用すること心掛けた。
結果、野辺山のアメダス観測で-3℃、キャンプ地はいくつか情報はあるが-5~-10℃だった模様。なかなか冷えたが防寒対策は足りていたようで寒さはほとんど気にならなかった。またシューズは凍らないようにテント内に置き、ジェルやバーなどはエスケープビビィの中にいれた。トレイルバターは夜中目が覚めた時にちびちび補給していた。

■コース予想

今回は念入りにコース予想もしてみた。キャンプ地は予想通り。ピタリ当たっているCPもあった。地図はA3ノビの縦と予想したが、実際はA3横。北限は予想通りだったが、南側はカットされていた。また2000-2500mエリアは県界尾根とその北尾根と考えたがこれはハズレ。大人数のスコアロングを想定するとリスクが高いのだろう。

前日に公開された地図で再検討すると標高高いエリアはみどり湖方面、地図の範囲から中山峠まで入りそうな雰囲気もあり、その場合相当長いコースになるだろうと想定した。

またルート選択に幅があることも間違いない。野辺山ウルトラマラソン出走経験から林道だと距離が伸びるが、
ほぼ走れる傾斜であることから基本は林道でよく、時々ショートカットを狙うという考えでいた。ショートカットは全て林道だと距離が長くなり脚も足も使うので、時々森をあるいて脚休めをできるというメリットもある(なのでショートカット時は頑張り過ぎない方がよい)

■レース展開

DAY1 29.2km 2080m
S-1
地図を受け取りざっと確認すると、CP1は林道のすぐ近くでほぼ道でつなげるのでまずは易しい区間。途中で谷沿い経由もみえたが、当初プランの林道経由とする。ただ実際走ると少し距離が長いと感じた。後でタイムを見ると谷ルートを選んだという寺垣内/佐藤チームがやや遅く、結果林道で正解だった。

宮西/佐藤 42:00
柳下/市岡 44:10
寺垣内/佐藤 46:53

S1_1


1-2
ここも当初オール林道を考えていたが、かなり距離が伸びるので谷越えのショートカットルートを選んでみることにした。同じルートを国沢/小山チームが選択していて共に藪を漕ぐ。大きなミスはしていないが尾根上は笹が深くややもたつく。林道経由より5分以上遅かった模様。この日唯一3位以内を逃す。

寺垣内/佐藤 1:16:44
濱/大西 1:21:59
福島/鈴木 1:22:39
---
柳下/市岡 1:23:43

2-3
ルート選択はあまりない区間。最後はショートカットしてみる。宮西/佐藤チームより林道ランのペースがやや遅いか。

宮西/佐藤 36:24
柳下/市岡 38:38
寺垣内/佐藤 38:54

3-4
ルートが大きく分かれる。逆走ルートも見えたが林道に飽きていたのでみどり湖経由で。ここは基本的に歩きで足を温存させた。逆ルートを選んだ宮西/佐藤チームに先行される。ただトイレタイムがあったのでほぼルートでの差はなさそう。プランナーのうまい設定だ。

宮西/佐藤 1:13:24
寺垣内/佐藤 1:16:55
柳下/市岡 1:17:04

4-5
谷の下りで宮西/佐藤チームに追いつく。いつの間に抜かれたのかと驚く。本来谷沿いの小径を利用してCPに近づくプランだったが、我慢できず少し手前で尾根に乗る。笹が深く地形も緩慢でやや不安になったが方向を維持すると笹が薄くなり広い鞍部にCPを発見した。2分半ほど出し抜いたようだ。

柳下/市岡 28:26
安心院/近藤 30:49
寺垣内/佐藤 31:27

5-6
少々焦りがあったか手前で勘違いしてしまうというミスをする。地形が酷似しておりしばらく現在地がわからずかなり右往左往する。道からやり直そうとしたところで間違いに気づく。5分ほどのロス。しかしここは通常のアタックでも難しかったようで上位と1分しか差はつかなかった。

寺垣内/佐藤 28:38
宮西/佐藤 28:53
柳下/市岡 29:55

ちなみにここまで3チームは大接戦だが、寺垣内/佐藤チームは以降遅れだす。
宮西/佐藤 4:55:33
寺垣内/佐藤 4:59:31
柳下/市岡 5:01:56

6-7
直進しつつ谷の曲がりを確認。最後の尾根もイメージ通りで問題なし。

柳下/市岡 9:20
宮西/佐藤 10:53
山北/角田 13:22

17_1

7-8
尾根越えのタフなルートを考えていたが、市岡さんの提案でシンプルな街方面大迂回に変更。谷をつめて谷の源頭から方向を維持する。特にロスなしだが、宮西/佐藤チームの4分差。山本/飴本チームにも負けている。もっといいルートがあったか?

宮西/佐藤 39:00
山本/飴本 43:01
柳下/市岡 43:10

8-9
尾根たどりが最短だが、ナビの手数が多いのでそのまま谷を下るルートを選ぶ。多少倒木があったが、道に出てからが早かった。ここで一気に10分差をつめ瞬間的にトップに立つ。

柳下/市岡 22:15
森本/池田 26:29
武井/杉田 28:41

9-10-11-F
林道経由は距離が長く余計に登るので直登のショートカット。ミスはないが多少ペースが落ちていたようで再び3分弱の差。

宮西/佐藤 59:19
柳下/市岡 1:02:51
寺垣内/佐藤 1:10:53

7f_1


この日はルート選択その他でロスは20分程度。巡航速度でざっと3%ぐらいぐらい負けている。宮西/佐藤チームは終盤でもペースは落ちておらず、佐藤選手は強いと聞いていたが宮西選手の意外な粘りに驚いた。2日目は我々もペースを上げる必要があると感じ、寒かったこともありあまり出歩かず体力回復を図った。

DAY1 23.2km 1370m
宮西/佐藤チームが先にスタートしたかと思っていたらスタートレーンで2分後にいた。(市岡さんはフィニッシュまでそのことに気付いていなかったらしい、、)

S-1-2
ルート選択の余地はほとんどないが、2は尾根たどりのナビゲーション技術を問われる。引っ掛けにも惑わされず集中して駆け抜けた。ここで一旦5分のリードを奪ったのだが、、、

柳下/市岡 35:06
寺垣内/佐藤 41:58
宮西/佐藤 43:27

2-3
つなぎの区間だが、回り込んでのアタックもあるかもしれない。身体が温まったのでレインウェアを脱ぐ。

宮西/佐藤 17:13
柳下/市岡 18:46
丹羽/上野 21:18

3-4
昨日と同じく安全策で街に迂回を選ぶ。アタック手前まで順調だったが手前の谷に入ったことから思わぬ大きなロスにつながった。横から谷に入るがCPが視界に入らず、正しい谷か確信が持てなくなり、周囲から確定されるので時間を費やす。最初に谷に入ってから20分以上のロスだったが、宮西/佐藤チームもウロウロしたようでほぼ同時にCPを発見。昨日の分と合わせて5分差だ。

寺垣内/佐藤 1:04:03
宮西/佐藤  1:10:01
安心院/近藤 1:11:54
---
柳下/市岡 1:18:11

S4_2

4-5
引き離したいところだったが、なぜか市岡さんがゆっくりしていて(追いつかれたと思っていなかったため)一旦先行される。厳しいかなあと思ったが、脚色は一緒のようでそれ以上ペースは上がらず。補給をする余裕もでて先ほどの大ロスから少し落ち着きを取り戻す。

宮西/佐藤 0:23:22
柳下/市岡 0:24:09
寺垣内/佐藤 0:25:41

5-6
林道に出るところで少し前にでる。先行してた寺垣内/佐藤を吸収し、3チーム見える範囲で林道を進む。終盤の登りを走るきることで1分ほど差をつけた。ここを勝機とみて下り基調の素早いアタックを行い、さらに5分差をつけ再び逆転する(差をつけたことはレース中はわかっていない)。

柳下/市岡 0:44:49
宮西/佐藤 0:51:04
寺垣内/佐藤 0:53:27

6-7
短い区間。少しだけアタックで外れるが大きな問題なく済んだ。

宮西/佐藤 5:56
寺垣内/佐藤 6:11
柳下/市岡 6:44

7-8 ルート選択区間だが、尾根ルートはさすがにリスクが大きいで林道を頑張って登る。市岡さんと交互に前を引っ張る。ペースは遅いが8割方走った。ここでようやく勝てるかもと思えた。

柳下/市岡 0:59:04
寺垣内/佐藤 1:00:49
横尾/橋本 1:03:53

8-9-10
ここは谷経由で勝負にでた(昨日寺垣内/佐藤チームが谷経由で少し遅かったことはフィニッシュ後知った)
結果、下りではほぼ変わらなかった模様。9-10は少し用心したがCP位置は易しかった。

寺垣内/佐藤 47:14
柳下/市岡 48:23
宮西/佐藤 50:08

7f_2

10-11-F
2分半ほど梯子待ちあったがロードに出てからはガンガン走って下った。

丹羽/上野 20:03
安心院/近藤 20:20
寺垣内/佐藤20:26
---
柳下/市岡20:43

フィニッシュ後、装備チェックを受けてもまだ確定まで時間がハラハラしたが、5分が経過し優勝が確定しほっとしすぎて全身の力が抜ける感じだった。

厳しい展開だったが、逆転するパターンを経験できたのはよかった。ペースは2日間トータルで考えればよさそう。とくかく大きなロスは避けたい。2日目のCP4も下るのではなく林道の角からやり直せば10分弱で済んだ。リロケート時間の短縮をこれから1年の課題としたい。

Staright A
柳下 大/市岡 隆興
総合優勝 12:55:27
DAY1 7:19:32 /  DAY2 5:35:55

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月30日 (土)

9/23-25 北アルプス縦走

9/23-25に2泊3日で紅葉を楽しみに北アルプスの黒部川源流をぐるっと周回してきました。天候にも恵まれ心に残る山旅となりました。記録として写真と通過時刻をと記していきたいと思います。

9/23

大町ダム7:38 七倉 8:24

Img_6948

高瀬ダム 9:05 (9:04-9:07)

Img_6951

ブナ立尾根上部 10:50

Img_6952

烏帽子小屋 11:09 (11:06-11:15)

Img_6953

12:24

Img_6954

野口五郎岳周辺 12:33

Img_6955

野口五郎岳周辺 12:43

Img_6956

野口五郎岳周辺 12:44

Img_6957

13:04

Img_6959

13:15

Img_6960

13:34

Img_6961

13:35

Img_6963

13:51

Img_6964

13:52

Img_6966

14:04 水晶小屋の先

Img_6968

14:26 岩苔乗越 (14:24-14:30)

Img_6969

14:41 黒部源流

Img_6972

14:54

Img_6976

15:00

Img_6977

15:01

Img_6980

15:03

Img_6982

15:22 三俣山荘

Img_6985

16:02 テントサイトにて

9/24

5:10 三俣山荘

Img_6986

5:46

Img_6989

5:51

Img_6995

6:13 黒部五郎小舎 (6:13-6:20)

Img_6996

6:36

Img_6998

6:38

Img_6999_2

6:39

Img_7002

6:48

Img_7004_2

7:19 黒部五郎肩

Img_7006

7:21

Img_7007

7:28

Img_7009

9:02 太郎山手前

太郎平小屋(9:30-9:45)

Img_7012

10:31

Img_7014

10:34 薬師岳山荘 (10:35-10:40)

Img_7015

11:04 薬師岳 (11:04-11:14)

Img_7016

11:05

Img_7017

11:08

Img_7018

12:40 スゴ乗越小屋手前

スゴ乗越小屋(12:45-12:52)

Img_7019

14:21 越中沢岳

Img_7020

15:22 五色ヶ原

Img_7022

15:30

五色ヶ原山荘 (15:38-15:45)

キャンプ場 (15:55)

Img_7024

16:41 キャンプ場にて

9/25

Img_7025

5:36 キャンプ場発

Img_7026

5:37

Img_7028

5:40

Img_7037

5:51

Img_7042

6:00 ザラ峠手前

Img_7047

6:29

Img_7050

6:50 獅子岳・鬼岳鞍部

Img_7052

7:28 浄土山北ピーク

Img_7053

7:32

Img_7054

7:38 浄土山

Img_7055

8:03 室堂

Img_7059

8:11

Img_7060

8:17

Img_7063
8:24

Img_7066
8:26

Img_7080
8:56

Img_7084
9:39

Img_7085
9:49 東一ノ越 (9:45-9:50)

Img_7086
9:50

Img_7087

11:19 黒部湖

11:25 黒部ダム


 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月24日 (月)

日本ロゲイニング選手権2

いざスタート。1時間にCP2つのペースだど24時間で48CPなので、最初の数時間はそのペースに乗れるかを一つの目安にする。

Map

[序盤の展開]
34  12:08:44
65  12:36:18
51  13:13:43
47  13:31:32
71  13:58:08
103  14:27:57
67  14:55:26
56  15:14:55
43  15:39:08
104  16:06:55
70  17:18:21
31  17:44:48

さすがに24時間だと多くのチームは普段よりゆっくり。集団の2番手で34に到着する。里山は結構藪が濃いことを確認。65までは他1チームと絡む展開。ここはシンヤさんにペースメイクを任せるが、少し競る形になってしまい24時間のペースには早い印象。51へは出戻りで林道を行くが長く感じ尾根伝いに行ったほうが楽だったかなあ後悔気味。最初に藪の印象を受け考慮しなかったが、確認してもよかった。最後の急登で汗が吹き出しこのペースでは持たないと感じ、以降はセーブしたペースになる。美鈴湖畔に予想通り自販機があったので初回休憩とする。背負った水はほとんど尽きていた。ペットボトル2本買い、1本はその場で飲み干す。以降、水道や自販機があったら給水しながら進むことに。相当量の水分消費だ。31の ハッシュハウスのオープン時間は過ぎてしまったのでコンビニで休憩と考えていたが、実はハッシュハウスは三好さんカフェでまだオープンしていたので休憩を取らせていただく。

ここでプランを練り直す。6時間弱で12CPは取っているが、時間1/4経過で範囲の網羅率はざっとまだ1/6程度。
今後ペースが落ちることを考えられ、おそらく行けるのは40-45CP程度になる。よって101はカットで48-61とする。となれば明るいうちに61を通過し44へ向かう林道に出てしまいたい。

[ナイトナビ前半]
48  18:21:57
61  18:42:52
44  19:28:03
105  19:52:13
63  20:28:04
52  20:59:08
42  21:26:00
日が落ちても涼しさはなく、日中の身体の火照りが継続している感じで進む。夜間のナビゲーションは大きな問題はないが、何かリフレッシュするきっかけが欲しい。そのきっかけはコンビニで休むことぐらいしか思いつかない。コンビニは42から下山し21:50頃に到着した。店内は涼しくイートインもあり思ったよりリフレッシュができた。

[ナイトナビ後半]
74  22:37:50
64  23:08:51
57  23:52:07
39  00:22:57
55  01:25:25
49  01:57:16
69  03:12:31
100  04:21:02

コンビニでリフレッシュできたが、74の登りで再び汗まみれになる。下りは別ルートにしてみるが道が不明瞭で少々苦労する。64以降は完全に平地の区間に入る。そこそこ走れる感じで進むが気温は高いままで軽快さはない。次第に歩く場面が増えてくる。

思ったより時間がかかっており、39でプランを練り直した。市街地のCPを全部取っていると山の上まで行けなくなりそう。2人とも100は取りたい考えだったので、区間は長くなるが49-69-100という流れで進むことに。山の上の73で元気なら会場まで3.5時間、疲れているなら4時間欲しいと計算する。73までは麓から2時間、100から麓まで2時間とすると、7.5~8時間、つまり100に4:00~4:30の間着けば登るチャンスがある。実際に100に到着したのは明るくなり始めた4:21で、余裕はあまりないが何とか想定内だった。

[終盤の展開]
53  05:10:02
37  05:57:11
40  06:22:08
102  07:17:02
73  08:15:47
50  08:44:17
62  08:58:51
59  09:14:57
46  09:31:17
45  09:47:38
75  10:20:25
54  10:43:46
35  11:01:08
41  11:20:55 
F  11:47:42

山へのアプローチは40から102とした。そこまでは53-37-40とつなぐ。40到着のリミットは残り5.5時間、つまり6:30とする。100付近で動きの良いチームがいて自分たちは夜間走れてなかったのではと少し気が引き締まっていたこともあり、スムーズに平地を抜け6:22に40に到着し、山へGOとなる。102についた時点で73はパスしようと一旦話すが、登るペースを計算し行けると判断できたので、シンヤさんを説き伏せ往復する。46もパス候補にしていたが、下りでペースが乗ってきたのできっちり寄る。これで後半は理想的なCP取得で安全圏内に戻ってきた。しかし下界は暑く、いよいよ自分が苦しくなる。最後はほぼ歩きでフラフラと会場に戻って長い長い24時間が終了した。

あとから地図を見直すと49-69-100は49-36-58-100でも距離はあまり変わらないのでこちらのほうが良かったと感じた。あるいは49-36-58-53-100-37でも良いかもしれない。あとは序盤の65の代わりに60,33が取れたかどうか。この2か所に点を伸ばす余地があったが、それでも事前想定の8割は取れたので良かった。

2位との得点差は275点で比率は112.7%。男子2000点超のチームの6時間ごとの累計得点を積み上げると以下のようになる。エリアによって得点効率は変化するので単純比較にはならないが、夜半過ぎはやはりペースも悪かったと思われ最後の6時間で逆転したことになる。

山とヤギ 742-1352-1754-2436
迪草日和 782-1317-1798-2161
イヌイ 641-1209-1725-2133
L3豆戦車 657-1259-1680-2081

ちなみに混合トップとは132.6%、女子トップとは136.1%。混合トップと男子トップが近い得点になることも多いが、男子が12位まで混合を上回っており層が厚かったといえる。

今回は市街地が多く、ナビゲーションの難易度や補給のしやすさやからフィールド的には世界選手権と比べ厳しさは薄かったと感じている。ただし、気候的に暑い時期だったので体力的な厳しさはかなりのもので、レースの組み立ての難しさは単純に走力で押し切れる5-6時間の街ロゲイニングとは全く異なっていたと思う。トータルで考えれば、チャンピオンを決めるのに十分な舞台だったと感じている。個人的には暑さは苦手なので、もう少し高所か涼しい時期だったらうれしいなあ。もちろんナビゲーションの難易度が上がるのも望むところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月20日 (木)

日本ロゲイニング選手権

第1回日本ロゲイニング選手権に参加してきました。

結果は2436点(満点は3000点)で優勝することができました。2002年に国内で初開催されたロゲイニング大会から、ここまでたくさんの参加してきましたが、今回は24時間の日本チャンピオンを決める選手権で、キャッチコピーも「最強は誰だ」。

「今までの実績は関係ないよ、ここで勝った者が真の実力者だよ」というメッセージと受け取り、ならば真剣勝負だという緊張感を持って臨みました。チームのペアは山田慎也選手。彼はPTLなど海外のロングトレイルの完走実績があり、フル2時間40分、ウルトラ8時間と走力も申し分なく、頼もしいパートナーです。

作戦編と実践編に分けてレポートを書きたいと思います。

---

■作戦編
まず、プログラムで公開された情報から、競技範囲とCP数、配点を想定した。
---
CP数:50
満点:3000点
地図のサイズ:A3ノビ
縮尺:1/50000
最低標高:520m
最高表高:1530m

Yosou
事前に想定した図

シンヤさんが過去地図を入手してくれて、今回も美ヶ原が入ることを楽しみにしていたが、少し残念という感想。全般的に標高が低い分、暑さ対策もより必要になる。

A3ノビの1:50000の範囲は約20*15kmで、単純に地図の外周だと70km。ちなみに、、、A3ノビの1:25000で開催されるロゲイニング大会は多く、トップが8割程度を取る設定が適しているとすると、市街地ら5時間、山なら10時間程度。つまり、山と街の比率が3:2だったら、8時間程度が適しているということになる。

それと比較して、今回の範囲は外周距離は2倍、面積で4倍ということになる。CP数が変わらず位置関係が相似ならルート距離は2倍ちょうどだが、CPの位置や数の増加によってルート距離はさらに増加する。(このあたりの計算は複雑になると思いますが、、、)

今回は50個とやや多めということで、ざっと2.5倍ぐらいになると想定される。

また24時間になると巡行速度は落ちるので、これを1.2倍と考える。

以上から、8時間*距離2.5倍*巡行1.2倍=24で、やはりちょうど24時間に適した競技設定、ということが想定される。つまり、優勝を狙うならおおよそ8割狙いでプランニングすればOKということになる。

もっとも、これだけ広範囲だと設定の負担も大きいため、若干狭い範囲に収まっている可能性、基本は道利用で、不整地の巡航低下が少ないこと、自分たちの頑張りで1.2倍を短縮することなどから、満点近くもありうるとも想定した。

流れとしては日中は熱いため炎天下の町は避けたく、まずは山、夜は街、夜明けに山と考えた。

以上が事前にコースを予想した内容になる。

---
さてレース当日、それぞれ車で早朝出発で、10時前に会場で合流した。地図が配布されたのは10時40分。

Img_6769s

範囲はほぼ予想通り!

ざっと見た印象は街が想定より点数低めで、高得点CPは出戻りか空走区間が発生しやすい。すんなり効率的できず難しいなあと、地図に見入っていたら、うっかり飲み物を地図上にこぼしてしまった。少し慌てたが、タオルでふき取って大きな影響はなく済んだ。

気を取り直して頭を整理し、
・ひとまず満点も意識したプランニングをしておきたい
・近くは保留できるが、遠くはプランの段階では外せない
・近くで保留できるCPを探す。まずは32、次に65。
・特に32はアプローチが南北しかなく、他のCPからも離れていてかなり非効率
・会場へのIN・OUTは34or41が良いのでこれは決定
・山、街、山なら最初は東に出て南北いずれかの山塊に展開が良い。と、するとまずは34。

これで東から時計回りか反時計回りかに決まる。

南の山塊は73へのアプローチが3方向で一筆書きが難しく、序盤だと取捨選択が難しい。いっぽう北の山塊は一筆書きしやすく、早ければハッシュハウスにも寄れる。101は遠いが、行く行かないの判断は48の到着時間でできるうえに48-61の流れも良い。また、最後は41なので後半南のほうが流れが良い。

これで反時計回りに決めた。
なお、65は非効率と判断したが、まずまずの高得点&終盤残すとラインが交差する(極力避けるべき)ので序盤にとることとした。

南の山塊の取り方は調整がきくのでスタート時点では保留にした。水は1.7L程度 食料はある程度コンビニも使えるので7割程度を持った。また発汗対策で塩タブレットはたくさん持つ。会場内も暑いのでなるべく消耗しないように過ごした。

(競技編つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月17日 (木)

OMMJapan2016 DAY2ルート

Img_5667

S-1 谷ルート(青)も検討するが、アタックがきつそうなので尾根ルートを選択。同時スタートの山田・有賀チームと並走するが1でわかれる。

1-2 まずは鞍部へトラバース。目標の谷は明確でわかりやすい。

2-3 3は事前にCPが設定されるのでは、と考えていた面白い地形。2の脱出で林道をスルーしてしまうが地形で進む。アタックは最短を狙うが手前のピークが藪で若干ロス。

3-4 登りは昨日の逆ラインで。ゆっくり登ったせいか違うラインをとった1分後スタートの寺垣内・佐藤チームに先行される。

4-5 2日目のルート選択ロングレッグ。前日の経験から主要道を使うと早そうなのでさっさと出るプラン。緑ルートだった寺垣内チームと合流する。

5-6 尾根ルートと林道ルートの2種類あり。共に尾根を選択するが、彼らばトラバースが速く次第に離され姿がみえなくなる。尾根に乗ってしまえば易しい。

6-7 林道へ出るところでこれから6に向かう山田・有賀チームを見る。7もCP位置は尾根上で容易だが、面白いCP位置設定だと思う。鞍部を狙い迂回と登り返しを抑える作戦だったが斜面はややきつかった。8へ下る小径は事前に確認しておく。

7-8 CPのある小径が不明瞭で地図で見るより難度が高かった。青ルートを選んだ寺垣内チームに再び追いつき、先に小径を見つけて先行する。

8-9 つなぎの区間。再び先行され少しづつ離される。

9-10 スキー場を考えたが昨日の逆ルートを選んだ。登りでじわじわ追い上げ急登のトレイルでここが勝機と判断した市岡さんが一気にスパートして逆転のフィニッシュ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月15日 (火)

OMMJapan2016 DAY1ルート

Img_5666

Img_5665

オレンジが実際に通ったルートで、青や緑が検討したルートや他チームのルートなど。

S-1 ショートカットの可能性を確認しつつだったが、結局送電線までトレイルで下る。送電線下を少し使ってから早めに湖畔の車道に出た。

2-3 OMMらしいロングレッグ。いくつかルート選択がありそうだったが、スキー場から権現山直下まで登るルートを選んだ。もうひとつ検討したのが青ルート。前半は80mほど登りを抑えられるが、登りも下りも急峻で林道中盤で40mほど登っているため比べるとペースが上がらない印象をうけた。林道の大きなカーブ付近から尾根が南向だったら印象が違うと思う。 緑の大迂回ルートはまったく見えていなかった。このルートを選んだ寺垣内チームと2分程度しか違わなかったため、走力に自信があるチームならベストルートかもしれない。

3-4 東側の林道を使うルートもみえたが、登り返しがきついのでピーク越えとする。鞍部の先は小ピークが2つありショートすると手前の尾根に入りかねない。次の大きなピークを捉えるまで我慢して尾根に入る。

4-5 ルートが多彩に分かれる区間。植生がよい場所でショートカットを狙うが、池の周囲が急峻&藪でもたつく。緑のラインのほうがよかったかもしれない。複雑な林道エリアは避けて早めに主尾根上の林道にあがるルートとした。 作業道が複雑で避けてしまったが、もともと地形図に書かれた主林道を読み解ければ、青ルートが最速な気がする。 ただし地図読みの集中力が必要で、枝道に入ってしまうリスクもある。

5-6 アタックは尾根上から120mの下り。間違うとロスが大きいので尾根上で現在位置を確実に把握して進んだ。別ルートとして林道におりてしまうのもあるかも。

6-7 ここはルート選択はないが難しく初日のナビゲーションの核心部はこの区間だと思う。尾根越えで西に流されると厄介なので少し高めに出るほうが安全。直で尾根を狙うことは必須ではなく、平坦地におりてから尾根に寄せるてもよい。

7-8 林道を横切った先がヤブに見えたので植生の良いところを選んで下った。アタックは横からにした。10m下に谷を確認しながら高さと方向を維持する。尾根上からもあると思う。

8-9 地形や道が意外と複雑なので間違った方向に流されないように注意した。ルートはいくつか考えられる。うまくこなせば差はないはず。

9-10 尾根を切って最短ルートでいったが、ヤブがあり斜面もきつかった。道で回り込んでもよかったかもしれない。

10-11 谷沿いの枝道のさらに枝谷という課題。藪で埋もれ気味で惑わす設定だったと思われる。途中のショートカット藪が濃く良くなかった。

11-12 10,11とショートカットが苦労したので安全策で道で回り込むプラン。地図でみると道は尾根上の表現だが実際は僅かに巻いていて、CPは道から離れた尾根上にある。

12-13 ここも藪がちだったため極力道で引っ張った。

13-14 なんか引っ掛けがあるのでと何度も地図をみたが、なさそうだったので頑張って走った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月16日 (日)

秋の尾瀬

秋晴れの日に尾瀬に行ってきました。今年は紅葉は今一つのようですが、秋らしい爽やかな空気で良かったです。

コース:富士見下‐富士見峠‐竜宮十字路‐ヨッピ吊り橋‐山ノ鼻‐至仏山‐鳩待峠‐富士見峠‐富士見下

久しぶりにカメラを持っていきました。

竜宮十字路付近
_sdi1134

_sdi1137

_sdi1139

ヨッピ吊り橋周辺

_sdi1143

_sdi1148

_sdi1150

牛首から山ノ鼻
_sdi1151

_sdi1152

_sdi1154

_sdi1155

至仏山への登りから

_sdi1156

_sdi11562

_sdi1157

至仏山山頂から
_sdi1158

鳩待峠にて
_sdi1159

_sdi1160

_sdi1163

午後のアヤメ平から
_sdi1165

_sdi1164

富士見峠へ 最後の展望
_sdi1167

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 3日 (水)

7/30 北岳~笊ヶ岳

白峰南嶺は2008年に初めてに入ってからお気に入りのエリアとなった。いずれやりたいと思っていたのが北岳~笊ヶ岳間を通しで縦走すること。北は広河原、南は雨畑を基点とすると、南下コースの場合15-16時間程度、北上コースの場合17-18時間程度と想定される。広河原へのバスのアプローチを考えると家から発着を含めワンデイでこなすのは困難で、現実的には2日間要するコースである。

南下か北上か、どこで夜を明かすかが考えどころたが、北岳~笊ヶ岳間を日を跨がずに行くことに自分自身興味があったので、北岳最寄の肩の小屋に1泊することとした。小屋泊も考えたが、軽量化を工夫すればテント泊装備でも上記は達成できると判断し、今回はテント泊とした。

白根三山周辺の混雑を避けたいので、7/29(金)-30(土)のスケジュール。朝に下山口の老平に車を置き、バス停までジョグ。奈良田でバスを乗り継ぎ9時45分広河原へ。10時から登り、13時に肩の小屋。3番手ぐらいでテント場の受付を済ます。いい場所にテントが張れた。最終的には30張りぐらいだっただろうか。昼寝してガスが晴れたら散策、お湯を沸かしてラーメン食べて、、とかなりゆっくりすごすことができた。少し時間が余りすぎた感もあったが、非日常的ないい時間だったと思う。

北岳~笊ヶ岳間は区切りよく10時間以内目標にした。ちなみに北岳~光岳は24時間以内という記録があるという。山を始めた頃にその記録を聞いて驚いた。TJAR創始者の岩瀬さんの記録である。その後、誰かチャレンジしているかもしれない。昨今のスピード化からすると20時間以内でも不思議ではない。

肩の小屋 4:20
北岳 4:38-4:47
間ノ岳 6:00-6:03
農鳥岳 7:17
大門沢下降点 7:32-7:36
広河内岳 7:49
笹山 9:17
奈良田越 10:32-10:35
伝付峠 11:33-11:57
生木割 13:33
笊ヶ岳 14:36-14:44
布引山 15:18
奥沢谷 16:50-16:55
老平 17:37

北岳で日の出を見てスタートとしたかったが、ガスがかかり見れないまま日の出時刻を少し過ぎてスタート。間ノ岳までは北岳山荘泊だった人たちと行動時間が重なるためか先行者がそこそこ多いが、広い場所で先行させてもらえば済む程度なので焦らず進む。日曜朝だったらもっと混雑していたことだろう。間ノ岳では遥か遠くに笊ヶ岳が見えた。その距離感は、大変そうだというよりその過程でいろんな景色が見れるだろうという期待感が大きかった。

しかし、展望の稜線のはずが広河内岳からいきなりがガスってしまう。踏み跡が不明瞭な箇所は慎重に下る。大籠岳前後の尾根上で迷いようはないが、白河内岳からの下りが難しかった。ここはマイクロレーサーコンパスが大変役立った。笹山からも1回枝尾根に入りかけてしまう。過去そんなミスがなかったのでちょっと自分に対しがっかりしつつ、気を引き締めなおす。奈良田越で2000mを切ると少し暑さを感じ水の消費が進むが、林道は半分ぐらいは日がかげり水はギリギリ持った。しかし、かなり喉が渇いたので水場で1L飲み、2L追加する。緩い登りだが身体の調子が良い。森のなかの穏やかなトレイルが続く。

笊ヶ岳の最後の急登はキツかったが、14時36分、北岳9時間49分で目標以内で到着することができた。ここで南部の大展望であれば最高であったが、主脈の中腹から上は雲包まれ見ることができなかった。一休み後布引山を経て長い下りとなる。植生が徐々に変化し気温が上がっていくのがわかる。16時50分沢に降り立ち、豊富な流れで汗を流す。あとは慎重にトラバース道を進み林道にでて、17時37分駐車場に戻ることができた。良い達成感があった。

ちなみに装備はOMMレースとほぼ同じで、行動中は5-7kg程度の重量である。

160730_2


北岳~笊ヶ岳(水場往復を除いた)ログ

Img_5143

バス停(手前に大島のバス停があるが時間が余ったのでここまで老平から7kmジョグ)

Img_5149

テントサイトにて

Img_5153

ちょっとお散歩

Img_5156

北岳~山荘の間から

Img_5160

農鳥岳の遥か遠くに笊ヶ岳の山塊がみえる

Img_5161

ガスの中の白河内岳付近。山頂が見えない


160730m

核心部のログ拡大

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月19日 (火)

7/16 甲斐駒~鳳凰

自宅から日帰り可能なロングトレイルの場合、車を利用した周回コースだと勝手が良く好んで設定いたが、行けるところはかなり網羅してきている。多少ロードが増えるものの、電車を上手く利用すればまだまだ新しいコース取りも可能であり、今回は以下のようなコース取りをしてみた。

7月16日(土)

日野春駅(の近くの公園)4:37-竹宇駒ヶ岳神社5:42-7:56七丈小屋8:01-8:53甲斐駒ヶ岳8:57-9:55仙水峠9:57-アサヨ峰11:03-11:54早川尾根小屋12:01-12:42白鳳峠12:45-高嶺13:14-13:36赤抜沢頭13:41-観音岳14:16-14:54南御室小屋15:02-大馴鹿峠16:01-千頭星山1640-17:12甘利山17:15-韮崎駅18:43

160716

さてさて、山を登る人にはロードのアプローチはとかく嫌われがちだが、日帰りの軽い装備で走れるのであればロードはそれほど苦にはならない。また、山里を自らの脚で進むとその土地の風土がより感じられるという面もある。特に下山後の緩い下り坂のロードは山の余韻や安堵感、夕方の空気や空の色だとかが、記憶に残りやすいと感じている。今回も眼下に韮崎の街を見ながら下り、最後に釜無川を渡って市街地の到着するという流れがとても印象的だった。稜線が見えなかったのが残念だったが、見えれば尚更良いものにだろう。

Img_5117

甲斐駒は山頂だけ雲の上で青空

Img_5118

鳳凰山の稜線

Img_5120

下ってくると雲の中だった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月16日 (木)

奥秩父縦走

久しぶりの更新はロングコースの記録です。

先週末、奥秩父の縦走路、奥多摩駅から瑞牆山荘までのコースに行ってきました。このコースは12年前にも終電でスタートしてチャレンジしたことがありますが、それ以来となりました。少し仮眠を取りたい&夜間行動は短くしたいということもあり、終電1本前の23:48着の電車で奥多摩駅に行きました。終バスの時間が16:35で余裕を持たせるならもう1本前の方が良かったかもしれませんが、気がついたのは電車に乗ってからでした...

6/10(金)夜出発
奥多摩駅23:51
雲取山3:31
飛竜権現4:55
将監峠5:49
唐松尾山6:29
笠取小屋7:12-7:25
雁坂峠8:39
甲武信小屋10:34-10:40
甲武信岳10:51
国師岳13:27
大弛小屋13:47
金峰山15:05-15:11
瑞牆山荘16:49
16時間58分

Img_4983


石尾根に上がってから雲取までほとんどガスの中でした。夜明けは三つ山を巻くあたりで一瞬ガスが晴れて朝焼けが印象的でした。沢では水が得られなかったので、笠取小屋に立ち寄り給水をします。雁峠からの登りでガスが晴れ暑さを感じましたが、その後は晴れたりガスに包まれたりで暑さによる消耗はありません。

Img_4986


Img_4990


順調に甲武信岳に到着し、東梓に着いたのが12:02で国師までCTは2:20なので13:10-13:15に国師岳と想定したものの国師のタルからペースダウンし国師岳で13:27。間に合わすために頑張るのはやめ、自然なペースを心掛けた。金峰山でで間に合わないことを悟り腰を下ろす。結局終バスには14分遅れでした。

Img_4991


Img_4992


瑞牆山荘が満員ということで増富温泉まで下り、旅館に尋ねると宿泊OKとのことで助かりました。結果オーライですが、温泉でゆったりはちょっとした旅気分で、長らく温めた宿題を終えた余韻も感じられてむしろ良い味わいでした。

Img_4993

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«OMM Japan Tsumagoi